[イベント]2013.7.1

ビアビギおけいこ 〜イ•ロ•ハ•ニびーるの楽しみかた〜 ホワイトビール編 その1

こんにちは!ビアジャーナリストアカデミー二期生の宮原佐研子です。

…みやはらさけんこ? いえいえ、さとこ と申します。どうぞよろしくお願いします。

ビール大好き!やっぱりビール!!…でも、知れば知るほどビールの世界は太平洋のように広く、マリアナ海溝のごとく深い…

そんな迷えるビールビギナー(勝手ながらこれから“ビアビギ”と呼ばせていただきます)のみなさま!私と一緒に、ビールのイ•ロ•ハをおけいこしませんか?

キーはイ•ロ•ハ…のイロ(色)。実は黄色や黒だけじゃない、ビールにはいろんな色があるのです。それぞれの季節に合った色別ビールの楽しみかたを私と一緒に学んでいきましょう!

そしてスペシャル付録?として、あのブルワーやビール業界の著名人のみなさまもだれもが最初はビール初心者だった!…そんな、ビアビギInterview〜だれもが最初は初心者だった!〜 も毎回掲載いたします。

【ビアビギおけいこ 〜イ•ロ•ハ•ニびーるの楽しみかた〜 ホワイトビール編 その1】

 ビアビギのみなさま。ホワイトビール、ご存知ですか?

 最近流行のビアカクテルの、カルピス使ったやつ??…いえいえ、ビールそのものが『白』なんです。

SONY DSC

[ホワイトビールってなあに?]

ビールは、麦、ホップ、水そして酵母が主原料です。その麦は大麦を使うのが主流ですが、一部のビールは小麦を使っています。主な小麦を使ったビールは色が淡く、時に白濁していることもあり、ドイツではこのスタイルのビールのことをヴァイツェン=小麦、または、ヴァイス=白、ベルギーではヴィット=白またはベルジャンスタイルホワイトと呼んでいます。なので、ホワイトビールといえども見た目がミルクのような白い色、というわけではなく、白っぽいけど明るいイエロー、もしくはよく見かけるゴールド色、たまにはロースト麦を使ったブラウンの色をしているものもあります。つまりいろいろあれど、小麦を使っているビールを「ホワイトビール」と呼ぶのです。

[ホワイトビールの歴史]

1516年、ドイツで施行された『ビール純粋令』で、「ビールは、大麦、ホップ、水のみを使用すべし」と定められました。ビールの品質向上が主なその目的でしたが、パンを作るために小麦やライ麦を確保したいということもその理由のひとつだったそうです。とはいえ、実はひそかに人気のあった小麦ビール!ちゃっかり?宮廷や一部の修道院だけに醸造が許され“貴族のビール”として密かにもてはやされ大儲けしてたとか…。やっぱり、いつの世もみんな“限定”とか“レア”ってコトバに弱いんですね、きっと。

[ホワイトビールの特徴]

ホワイトビールは、小麦のやわらかい味わいとフルーティーさが特徴。ベルジャンスタイルホワイトはオレンジピールやクローブなどが使われることでさらに複雑でさわやかな味わいを楽しめます。苦いビールは苦手…というビアビギのみなさんでも、目からうろこの初体験できるはず!

蒸し暑い休日のブランチ。フルーツを添えたパンケーキと一緒にホワイトビールを飲めば、優雅でさわやかな一日がすごせそう。気分はちょっぴり“貴族”かな?

…ここでちょっとブレイク。

**あしたつかえる?ビアテク** その1

☆for Men

ホワイトビールは苦みが少なくフルーティな味わい。女性ファンが多いビールです。隣のちょっと気になる女子が「ワタシ、ビールはちょっと苦手〜!」なーんてかわいくのたもうたら、すかさずホワイトビールをオススメしてみてください!「ほんとだぁ!おいし〜い♪」なんて、あなたを見る目がハートになるかも。

☆for Women

白といえば、神聖、純真、清潔、平和など、とっても清純なイメージ。すてきな彼との初デート。「今日はなんだかホワイトビールの気分〜、かな?」なーんて照れくさそうに笑ったら、あなたのピュア度急上昇まちがいなし!

【ビアビギInterview 〜だれもが最初は初心者だった!〜 vol.1】

記念すべき一番バッターは、野球も大好き、日本ビアジャーナリスト協会会長の藤原ヒロユキさんです!

 Q1. 初めてビールを飲んだときの感想とエピソードを教えてください。

正直言って、覚えてないです。申し訳ないです。

 Q2. 初めて“美味しい!”と思ったビールはなんですか?

これも覚えてないですねぇ。気が付いた時にはビール好きでした。

 Q3. ビールビギナーにお勧めするビールはなんですか?

まず、その人がビール好きならば、ビールのどの部分(たとえば苦味とか炭酸の刺激とか、アルコール度数とか)が好きか訊いて、それに見合うもの。逆に、ビール嫌いならばビールのどの部分が嫌いなのかを訊いてその要素の無いビールをすすめます。

ちなみに私は、大学のコンパで飲めないビールをニガいニガい…と思いながらなめ続けた悲しい思い出があります。やっぱり極められてる方は最初からレベルが違うのかも!ぜひ、ビアビギのみなさま、藤原さんにお会いする機会があったら、おすすめビールを質問してみてはいかがでしょうか?

藤原ヒロユキ http://fujiwarahiroyuki.blog38.fc2.com

大阪教育大学卒業後、中学校教諭を経てフリー。イラストだけでなく、エッセイ、コラムも好評。ビールを中心とした食文化や野球、街角にも超精通。日本地ビール協会公認のマスター・イバリュエイター、アドバンスド・ビアジャッジ。
主な著書は「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎)、「beer mania!」(日之出出版)他多数。最近は編集長として「Beer&Pub」(プラネットジアース社)を創刊!

最後までご覧頂きありがとうございました!

次回は、『ビアビギおけいこ 〜イ•ロ•ハ•ニびーるの楽しみかた〜 ホワイトビール編 その2 おすすめホワイトビールの紹介①』です。おいしいセレクト、ご紹介します。ビアビギInterview 、次回のゲストもお楽しみに!

ビアジャーナリスト二期生 宮原佐研子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原 佐研子

この記事を書いたひと

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。