[イベント,テイスティング]2013.7.5

ブルームーン日本上陸 ①ブルームーンの3つの魔法

BLUE MOONブルームーン

2013年6月20日、満を持してアメリカコロラド州からブルームーンが日本に上陸した。

ある試飲会の参加者がブルームーンを飲んだ時に思わず「こんなに素晴らしい味は奇跡!(Once in a blue moon!=ごく稀に、滅多にないという意味) 」と声を上げた事が名前の由来となっている。

SONY DSC 写真:キース・ヴィラ氏

ブルームーンは1995年ヘッドブリュワーであるキース・ヴィラの醸造によって誕生したクラフトビール。
ベルギーのブリュッセル大学で醸造の博士号を得て、帰国後醸造を開始したのだが、その最初に造ったビールが、今回上陸したブルームーン・ベルジャンホワイトである。

初年度はほんのわずかな生産量だったが、現在*全米No.1クラフトビールへと成長した。その成功にはブルームーンが持つ3つの魔法が関係しているとキースは語る。以下がその3つである。
*2012年USニールセン調べ 個別銘柄別

<ブルームーンの3つの魔法>

1.  味わい
とてもスムーズな口当たりで苦みが少なく、クリーミー。
オレンジピールとコリアンダーのバランスがとれた、自然由来のフレーバーが魅力的。
一度ブルームーンから離れても、スムーズな飲み口にひかれてまた戻ってくるケースも多いのだとか。

2.  ルックス
濾過されていないため濁りを帯びた、美しいゴールデンカラー。

3.  オレンジ・ガーニッシュ
オレンジのスライスを、ガーニッシュとして添えることにより、ブルームーンの味を際立たせる。
カクテルのような美しい佇まいになるのも魅力の1つであろう。

SONY DSC

会場にて、目の前にブルームーンが運ばれてきた。

オレンジ・ガーニッシュから漂うフレッシュで芳香な香りが期待感を高める。口に含むと、さらにオレンジピールのアロマと絡まり、爽やかな柑橘の甘みを感じる。そこに、ほんのりスパイシー&ビター感。スムーズで飲みやすいが、そこには味わいがある。

ブルームーンは、夏の太陽の下でも味わいたくなるビール。天気の良い昼間の公園で楽しむのも良いだろう。もちろん、夜にフードと共にゆったりとブルームーンを味わうのもおすすめ。その日の気分で自由に味わいたいクラフトビールだ。

ところで、ブルームーンには美味しい飲み方があるという。濾過されていなく、酵母が瓶の底にたまっているので、まずは瓶を横にして、コロコロと前後に転がしてからグラスに注ぐ。
最後にオレンジ・ガーニッシュを添えるのも、お忘れなく

詳細はこちら
http://bluemoonbrewing.jp/howto/

 

現在首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)での限定発売だが、2014年からは全国展開する予定だ。

現在購入できる店舗情報
http://www.bluemoonbrewing.jp/news/

 

【 BJA2期生 福岡桃子 】

※この記事は、先日行われたブルームーン記者発表・ローンチパーティーに関するレポートです。
次回は、ブルームーンとのペアリング等をご紹介します。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

02005福岡もも花

この記事を書いたひと

福岡 もも花

ビアジャーナリスト

旅やインテリアに関するしごとに関わり、クラフトビールとの関連でご紹介していきたいと思います。 ビールはツアコン時代のチェコ・ドイツ・ベルギー・ニュージーランド等各国での出会いで惹かれ、 現在は日常の中で味わう日本や海外のクラフトビールに日々喜びを感じています。Bean to Barチョコレートの魅力にもはまりつつある。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。