[テイスティング]2013.7.17

太陽の下でビッグアイIPA(缶)―ビアレポート(12)

IPAアメリカ

太陽がケンカを売ってきているのでビールを飲んでやろうと思っている私です。

さて、あまり見たことがないビール、ラベルが魅力的なビールを中心に取り上げようと企んでいるこのビアレポート。あまり見たことがない、というビールではないのですが、今回はアメリカ・サンディエゴにあるバラストポイントのビッグアイIPAを紹介します。

Big Eye IPA

Big Eye IPA

IPA族、ホップ族の方々には何も説明する必要のないこのビール、最近は缶が発売されているのです。今までは缶はなかったように思います。ラベル収集族の私としては、ボトルのほうがいいと思うこともあるのですが、缶の持ち運びやすさは魅力です。他にも、缶はリサイクルしやすい、光を通さないなどの長所があったりします。

バラストポイントのビールは、ラベルに魚のイラストが描かれており、このビッグアイIPAはメバチマグロが描かれています。が、それはボトルの話。缶では魚のイラストがありません。ちなみに、メバチマグロは目鉢鮪と書き、英語ではbig eye tuna。目が大きいからその名が付いたのですが、メバチマグロを見て「なにこの魚! 目が大きい! やだ、目が大きい!」と感じるのは洋の東西を問わないようです。

そんなビッグアイIPAの缶ですが、キャンプに持って行ったりして、アウトドアでガツンとくるホップの味わいを楽しむのがよろしいのではないかと思います。ビーチで飲んでみたり、釣りをしながら飲んでみたりもいいでしょう。うーん、想像するだけでたまらんです!

ま、僕はキャンプもしませんし、海にも行かないんですけどね。

家で飲んでもおいしいですよ。もちろん。

 

BJA1期生 富江弘幸

 

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。