[イベント]2011.2.25

ビールに疑問を感じたら?

お客様相談センターキリン

家でサクッと飲むビールは、ここ1年ほどキリンの「一番絞り」が多い。
心なしか、近ごろ購入する一番絞りの炭酸が弱いような気がしてならない。一軒だけでなく、複数箇所から買っても同じ。別段古すぎるものを買っているわけでもない。炭酸の含有量が下がったのだろうか? それとも気のせいか?

というわけで、疑問は素直にメーカーにぶつけようと「お客様相談センター」に電話して聞いてみた。

結論から言うと、「炭酸含有量は味に関係することなので具体的な数字は答えられない」とのことだったが、2009年のリニューアル以来、味に関することは何も変えていないという。

「一番絞りの適温は6度から8度。冬は冷やしすぎによって炭酸を感じにくくなっているのではないか」とのこと。もし異常があれば、現物を送ってほしい、調査する用意はある、との返答だった。

一番絞りは発売19年目にして、麦芽100パーセントへとリニューアル。それまでキリンで麦芽100パーセントと言えば「ハートランド」と「ハイネケン」(キリン・ハイネケン株式会社)と、ドラフトとボトルで提供するものだけだった。麦芽100パーセントでも、リッチな味わいというよりはいつも飲んでいるサラッとした飲み口の延長線上で味を決定した。

ちなみになぜ「キリン ラガー ビール」を麦芽100パーセントにしないのは、「固定ファンが多く、昔から(基本は1888年より製造・発売)の味を守ることを重要視」するため。一番絞りはそれに比べて約20年と歴史が浅く、チャレンジするに値する銘柄と判断したとのことだった。

いずれにしても電話がすぐに繋がったこと、丁寧な応対はとても気持ちのよいもので、本来の目的以外にもあれこれ話を聞くことができた。いつも飲んでいるビールに「?」を感じたら、メーカーへ率直に聞いてみる。お勧めです。■


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。