[テイスティング]2010.8.27

Radeberger(ラーデベルガー)・ピルスナー

Radeberger(ラーデベルガー)・ピルスナー
http://www.radeberger.de/
http://www.jena.co.jp/beer01.html
輸入元:Jena(イエナ)
http://www.jena.co.jp/

スタイル:ジャーマン・ピルスナー


1872年、ドレスデン近郊のラーデベルグという町で生まれたビール。
1905年12月11日には、ザクセンの王「フリードリッヒ アウグストⅢ世」の飲み物として、王から認定を受けた逸品。

クリアなゴールド。純白の泡がムースのように盛り上がる。
ホップの香りが上品に漂い、気品を感じる。
口に含むと、その第一印象は「苦味!」
ハーブにも似たホップのフレーバーが鼻に抜ける。
モルトとのバランスもよく、後口にも心地よい苦味が残る。
実に素晴らしいジャーマン・ピルスナーだ。

相性の良い料理(ペアリングしたい料理):アイスバイン。ポテト料理やパスタなど炭水化物。チキンやポークのロースト。お好み焼きやソース焼きそばなど。

リーファー(定温)コンテナーによって輸入されているため、劣化臭がない。オフフレーバーはまったく感じない。

10月には樽の輸入も予定されている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。