[イベント]2013.8.20

野性化(?)しつつあるホップを収穫してみた

ホップ与謝野町丹後京都府

京都府最北端の丹後地方。
丹波を抜け、大江山連峰から日本海に向かう”山と海の自然に恵まれた土地”だ。
夏は昼夜の寒暖差が激しく、冬は雪も積もる地域である。

20130814_055347
夏の朝

20130104_082232a16
冬はこんな感じ

20130105_1604596
車で20分も走れば、日本三景のひとつ「天橋立」である。

そんな丹後の与謝野町に、箕面ビールの大下醸造長からもらったホップの苗を植えてみたのは数年前のことである。
初年度はほとんど伸びず「この地域にホップは育たないのかなぁ…」と思っていたが、年を重ねるごとにツルが長く伸びるようになった。ちなみに、世話はほとんどというか全くに近いほどしておらず、ある意味“野生化”していると言っても良い状態だ。

20130812_113039
まったくのノーケアで育ったホップ。

20130812_114457
かなりの量の毬花が実っている。

20130812_112847
ツルは杉の木に巻きついている。

そんなわけで、この“野生化”しつつあるホップを収穫してみた。

20130815_204014
そこそこの量が収穫できた。

さてさて、これをどーしたものか? 
まずは乾燥させる必要があるだろう。
ということで、45℃のオーブンに入れて温風乾燥させてみた。

ま、とりあえず実験的に仕上げてみたので、賛否あるだろうが、今回はこんなところで…。

真空パックしておいたので、持ち帰り、ネストビールのBOPで使ってみようかと思っている。

真空パックする前にとりあえず、お湯に浮かべ“ホップ茶”を楽しんでみた。

20130814_153626
香りと苦みが素晴らしい。

BOPで使っての報告は後日しますのでご期待ください。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。