[テイスティング]2013.8.24

上諏訪で温泉に入った後に諏訪浪漫「しらかば」―ビアレポート(23)

ケルシュ長野県

ケルシュという響きが好きな私です。

メルツェンでも同じようなことを書きましたね。ちなみに、ピルスという響きも好きです。「バルス」の小さいバージョンのような感じで。ピルス!
…場の空気が滅びたところで、さて。

ケルシュはドイツのケルンで造られたビールだけが名乗れるので、それ以外の地域でケルシュ同様に造られたものはケルシュスタイルということになります。日本のクラフトビールでもケルシュスタイルはよく見られますね。

今回紹介する麗人酒造の諏訪浪漫「しらかば」もケルシュスタイル。諏訪浪漫というビールは、この他にアルトの「りんどう」、スタウトの「くろゆり」があります。地域を代表する植物の名をつけています。しらかばは長野県の木だそうです。

諏訪浪漫

諏訪浪漫

麗人酒造は上諏訪にある蔵元で、1999年からビールの醸造を開始。日本酒の杜氏がビールも造っています。上諏訪の水を使っていますが、軟水のためミネラル豊富な上諏訪の温泉水も混ぜているとか。そういえば、上諏訪駅のホームには足湯がありますね。

口に含むと、ケルシュスタイルのフルーティでさわやかな香り。苦味や酸味は控えめで、すっきり飲めます。これは温泉に入った後に飲んだらたまらない!

今は風呂上がりじゃないですけどね。ちなみに、上諏訪に行ったこともありません。

今度行きます。

 

【BEER DATA】
諏訪浪漫 しらかば
生産地:長野県
醸造所:麗人酒造
スタイル:ケルシュスタイル
アルコール度数:5%

 

BJA1期生 富江弘幸

 

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。