[テイスティング]2013.9.11

これぞヤバいラベルの最高峰「プライド&ジョイ」―ビアレポート(28)

アメリカクラフトビール

人前ではあまり極端な喜怒哀楽の表情を出さないようにしている私です。

でも、心の中ではこんな感じです。

Pride & Joy

Pride & Joy

もう完全にイッちゃってます(笑)。ということで、今回はスリーフロイド(Three Floyds)の「プライド&ジョイ」(Pride & Joy)。

Pride & Joy

Pride & Joy

自分のラベルコレクションの中でも、これはかなりヤバい部類に入ります。ビールを頭にのせて、目はどこを見てるかわからないし、舌まで出して笑ってるんですよ。これで「マイルドエール」を名乗っているのもヤバいですね。スリーフロイドのラベルは個性的なものが多いのですが、この「プライド&ジョイ」だけイラストのテイストが違うような感じがします。

実際に飲んでみると、確かにマイルドな味わい。42IBUでそれなりに苦味もあるのですが、カラメルのような甘さも感じられるので、非常にバランスがいい印象です。アルコール度数は5%。うーん、マイルド。

これは相当の量を飲まないと、こんな表情にはならないはず。彼は何がしたいのでしょうか。

 

【BEER DATA】
プライド&ジョイ
生産地:アメリカ
醸造所:スリーフロイド
スタイル:アメリカン・マイルド・エール
アルコール度数:5%

 

BJA1期生 富江弘幸

 

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。