[テイスティング]2013.10.5

コピ・ルアクを使ったインペリアルスタウト「Speedway Stout」―ビアレポート(35)

アメリカインペリアルスタウトエールスミス

「限定」という言葉を作り出した人はすごいと思う私です。

「希少」や「残りわずか」なども同様です。意味は異なりますが「おかわり自由」にもものすごく魅力を感じます。

「限定」だからといって必ずしも質のいいものとは限りませんが、世の中の人々がそれにとびついてしまうのも事実。実際にその言葉に惹かれて購入してみたら、「なんだこりゃ」と思うものもありますので、消費者側も見る目を養わないといけないんでしょうね。

さて、今回ご紹介するのは、前回ご紹介した「エールスミス(Alesmith)」の続編です。9月26日から発売になった5種類のうちのひとつ「Speedway Stout」の限定版。

「早速とびついたな」という声が各所から聞こえてきそうですが…。

「Speedway Stout」はコレ。

Speedway Stout

Speedway Stout

「Speedway Stout」のスタイルはインペリアルスタウト。ローストモルトの香ばしいアロマが特徴ですが、さらにコーヒーも使用しているのです。そのコーヒーはエールスミスと同じサンディエゴのコーヒー業者「ライアン・ブラザーズ」。この「Speedway Stout」自体素晴らしい味わいなのですが、このコーヒーを変えて造られたのが今回の限定版。

そのコーヒーとは「コピ・ルアク」。コピはコーヒー、ルアクはジャコウネコ。インドネシア語です。ジャコウネコは「麝香猫」書くようで、ジャコウネコから分泌される液は香水にも使われるそうです。そんなジャコウネコにコーヒー豆を食べさせて、糞から消化されなかった豆を取り出したものが、コピ・ルアク。コーヒー豆に独特の香りが加わるそうです。

で、コピ・ルアクを使用した「Speedway Stout」がこちら。

Speedway Stout(コピ・ルアク使用)

Speedway Stout(コピ・ルアク使用)

日本にはこの1本しか入っていないそうです。もうすでにかなり酔いがまわっており、「Speedway Stout」との飲み比べができなかったのが残念。やはりアルコール度数が高いだけあってキツさも感じますが、コーヒーのアロマがすばらしく、これだけでずっと飲んでいたいという気分になります。もちろん何かに合わせるのもいいですが、これだけでも十分です。

と、エールスミスお披露目会ではいろいろと楽しませていただきましたが、ハイアルコールなだけに結構酔ってしまいました。

私がこのビールを飲んでも猫に小判? いやいや、エールスミスの素晴らしさはよくわかりましたよ。

【BEER DATA】
Speedway Stout(コピ・ルアク使用)
生産地:アメリカ
醸造所:エールスミス
スタイル:インペリアルスタウト
アルコール度数:12%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。