[テイスティング]2013.10.9

自由すぎる自由の女神のスイカビール―ビアレポート(36)

アメリカウィート

見た目重視の私です。

おかげで中身が伴ってないとよく言われますが…。

ビールについてはラベル重視(というほどでもないのですが、やはりジャケ買いしてしまいます)。今回の「HELL OR HIGH WATERMELON」もそのひとつ。

HELL OR HIGH WATERMELON

HELL OR HIGH WATERMELON

コレです。

どうですか。自由の女神が船で運ばれているスイカを、しれっと盗んでます。船は見ていません。ノールックです。いくら自由の女神とはいえ自由すぎます。こんなデザイン大好きです。

さて、名前やイラストからもわかる通り、これはスイカビールです。基本はアメリカン・ウィートですが、フレッシュなスイカを使っているとのこと。飲んでみると…スイカです。紛れもなくスイカです。甘味はそれほどではないのですが、スイカのフレーバーが口に広がり鼻に抜け、スイカとしか言いようがありません。

実はこのビールは21st Amendment Breweryのシーズナルビールです。4月から9月までということなので、入手は難しいかもしれません。

ちなみに、21st Amendment Breweryは、2000年にサンフランシスコで設立された醸造所。定番はIPA、ブラックIPA、セッションエールの3種類。その他、シーズナルで3種類とINSURRECTION SERIESとして5種類を造っています。すべて缶で造っているようで、缶のバーレーワインもあったりします。名前も「HE SAID BELGIAN-STYLE TRIPEL」とか「HOP CRISIS」とか、なかなか面白いですね。もちろんデザインも個性的。はっきり言って、飲む前から好みです。

デザインがよければ何でもいいってわけではありませんが、こういう入り方ができるのもビールの魅力だと思ってます。

【BEER DATA】
HELL OR HIGH WATERMELON
生産地:アメリカ
醸造所:21st Amendment Brewery
スタイル:アメリカン・ウィート
アルコール度数:4.9%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。