[テイスティング]2013.10.12

秋の夜長にカリフォルニアサンシャインIPA―ビアレポート(37)

IPAアメリカライIPA

夏は嫌いな私です。

夏は暑いし、冬は寒いし、春は花粉症だし、ということで、一番好きな季節である秋がやってまいりました。そんな私の手元にあるのは、デビルズキャニオンの「カリフォルニア・サンシャインIPA」。

California Sunshine IPA

California Sunshine IPA

この太陽と寒色系地色のコントラスト。まぶしいです。カリフォルニアには行ったことがないのですが、こんな太陽が空で輝いているのでしょうか。「カリフォルニア 太陽」で検索してみると、太陽光発電の記事ばかりが出てきます。カリフォルニアの太陽がこんな笑顔なのかという確認はとれませんでしたが、どうやら太陽がすごいということは間違いなさそうです。

さて。

デビルズキャニオンはカリフォルニア州サンカルロスにある醸造所。「カリフォルニア・サンシャインIPA」を含む7種類(ラガー、ブロンドエール、アンバーエールなど)を主に造っているようです。

この「カリフォルニア・サンシャインIPA」はイングリッシュIPAをベースにしており、大麦麦芽に加えてライ麦も使用しています。公式サイトを見ると、ラベルには「RYE IPA」と書いてあるのですが、今回購入したものは「RYE」の文字が消えています。どちらが最新のものかは不明ですが、ライ麦を使っていることには変わりない、と。

香りは、アメリカンIPAのようなバリバリ柑橘系のアロマではないですが、フルーティーです。しっかりしたボディにやや草っぽいホップの苦味がしっかり合っています。アルコール度数は7.1%あるのですが、そこまでは感じないと思います。473mlの缶でもスムーズに飲み終えることができました。

ちなみに、473mlはUSパイントと同じ量。パイントグラスに注ぎきれる量ですね。カリフォルニアの太陽がつまったパイントグラスを、秋の夜長にゆっくりと傾けるのもよいのでは。

【BEER DATA】
カリフォルニア・サンシャインIPA
生産地:アメリカ
醸造所:デビルズキャニオン
スタイル:イングリッシュIPA
アルコール度数:7.1%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。