[テイスティング]2013.10.23

「鉄」の血が騒ぐ…ほどでもない「レッドトロリーエール」―ビアレポート(40)

アメリカ

鉄ちゃんまではいきませんが、鉄道好きな私です。

以前、時刻表の出版社でアルバイトをしていたことがありました。それなりに電車好きではあったのですが、やはりそれを職業にしている人たちとは比べ物にはなりません。電車のモーター音だけで車両を特定できたり、路線図に載っていない貨物駅や貨物のダイヤの話で盛り上がっていたり、自分とはレベルの違う人たちでした。

ですが、レベルは違うものの、自分もそれなりに電車好きではあり、電車に乗ってビールを飲みに行くなんてこともやはり好きです。

で、ビールに電車の絵が描いてあったりすると、そういうものにも飛びつきます。

今回は、サンディエゴのブルワリー、カールストラウスの「レッドトロリーエール」です。

RED TROLLEY ALE

RED TROLLEY ALE

サンディエゴにはトロリーと呼ばれる路面電車が走っており、そこから付けられた名前です。ちなみに、サンディエゴのトロリーは、オレンジライン、グリーンライン、ブルーラインと3路線ありますが、車両はすべてレッド。路線で色分けすればいいのに…と思いますが。

そういうことで、ビールのスタイルもアイリッシュレッドエール(公式には表記がないようですが、beeradvocateではアイリッシュレッドエールとなっています)。苦味は弱めですが、カラメルモルトの甘味を感じます。レーズンのような風味もほんのりと。

新幹線のような速さではなく、トロリーのようにゆっくりと飲みたいビール。秋の夜長にぴったりです。

【BEER DATA】
レッドトロリーエール
生産地:アメリカ
醸造所:カールストラウスブルワリー
スタイル:アイリッシュレッドエール
アルコール度数:5.8%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。