[イベント]2011.3.29

「清楚な味」 味の表現ー幅とオリジナリティ

昨日初めて飲んだ発泡酒、
「サッポロ 北海道生搾り」。

泡がとてもクリーミー。
そしてもうひとつ感じたことが
「清楚な味」。

これ、どのぐらい多くの人に、
どんな味かをイメージしてもらえるかわからないのだけど
とにかくぱっと口をついた言葉がこれでした。
僕にはまさにそう感じられたのです。

味については長い歴史の中
世界中で幾多の表現が生まれてきている。
その中で、ベーシックな言葉として定着してきたものは
たしかに万人にわかりやすいもの。

ビールの世界でも、王道的な感応の言葉はあり、
それはファンにとって共通認識としてあり、
説得力をもっている。

しかし、僕なりに、専門的にならずともと
味とは直接関係ないごくありふれた言葉や、「見立て的」言葉で
ビールファン以外もぼんやりと味のおおざっぱな系統が見える
表現をしていきたいなあと思った。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

002石黒 謙吾

この記事を書いたひと

石黒 謙吾

著述家・編集者・日本ベルギービールプロフェッショナル協会 理事

1961年 金沢市生まれ。
映画化されたベストセラー『盲導犬クイールの一生』、『2択思考』『分類脳で地アタマが良くなる』『ダジャレヌーヴォー』『エア新書』『CQ判定 常識力テスト』など著書多数。三輪一記氏と共著に『ベルギービール大全』『ベルギービール大全<新>』がある。プロデュース・編集した書籍も、『ジワジワ来る○○』シリーズ(片岡K)、『ナガオカケンメイの考え』(ナガオカケンメイ)、『負け美女』(犬山紙子)、『読む餃子』(パラダイス山元)、『ネコの吸い方』(坂本美雨)、『純喫茶へ、1000軒』(難波里奈)、『凄い! ジオラマ』(情景師アラーキー)など、ジャンル多彩に200冊以上。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。