[テイスティング]2013.11.9

気持ちがリフレッシュできるピルスナー「プリマピルス」―ビアレポート(45)

アメリカピルスナー

前言撤回な私です。

今回はヴィクトリーの「プリマピルス(Prima Pils)」。

Prima Pils

Prima Pils

あれだけ台湾台湾って言っておいてアメリカ? というご意見は真摯に受け止めますが、飲んでしまったものは仕方ない。台湾のビールはまた次回以降のレポートで。

さて、この「プリマピルス」、一般的によく飲まれている大手ピルスナーと異なるのは、そのシトラスの香りと苦味。一口飲むとシトラス香が広がり、モルトの味わいとレモンのような酸味が喉を通り抜けます。後味にはレモンやグレープフルーツの皮を思わせる苦味が。気持ちがリフレッシュできるビールです。使用しているモルトやホップは明らかにはなっていませんが、モルトはドイツ、ホップはチェコとドイツのホールホップを使用しているとのこと。

ヴィクトリーは日本でも知られるようになってきた醸造所ですが、意外にもアメリカ以外では日本とシンガポールにしか輸出していないようです。「プリマピルス」のほか「ホップデビル」やビアレポート(41)で取り上げた「ヘッドウォーターペールエール」も造っています。

「プリマピルス」にも「ホップデビル」にも「ヘッドウォーターペールエール」にもホップが描かれているほど、ホップが特徴的なビールたち。台湾で飲んだビールと比べると、やはりホップの味わいが際立ちますね。次回からはまた台湾のビールをご紹介する方向で…。

【BEER DATA】
Prima Pils
生産地:アメリカ
醸造所:ヴィクトリー
スタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.3%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。