[イベント]2010.8.27

ビールとの幸せな出会い

メンバーコラム

「何じゃこりゃあ! うま!!!」

人生で初めてビールのうまさに衝撃を受け、息を呑んだのは1994年の秋。ベルギーのアビイ・ビール「Leffe Radieuse(レフ ラデュース)」にやられました。

所用で向かった銀座のプランタンで、ベルギービールフェアに遭遇。当時、酒飲みのバイブルマンガ『BARレモン・ハート』のおかげで、ベルギーには果物を使ったビールがあるらしいという知識と興味は持っていました。「そうだ、カシスのビールを買ってみよう」。そんな軽い気持ちで、「Lindemans Framboise(リンデマンス フランボワーズ)」を購入しました(たぶんカシスと間違えたかと…)。一本ではなんなので、レフ ラデュースもついでに。カリグラフィーのロゴ、ステンドグラスを思わせる絵柄、色使いが気に入って。完全なるラベル買いです。

それから数日後のある晴れた昼下がり。お洗濯している間にベランダで雑誌読もうかな〜。お、この間買ったベルギービール飲んでみっか。本命(フランボワーズ)は後で、もう一本の方から。ベランダにある洗濯機の上で330mlの瓶の栓を抜いて、足のついた逆三角形のグラスに液体を注ぐと、予想と違うブラウンの液体と予想以上の泡立ち。うお、大丈夫なのかこれ…。

そんな按配で口に運んだところ、ビールとは思えない、なんとも言えぬ甘い香り。口に含むと、まるで数種類の完熟果物が入っているかのような、甘く複雑で深い味わいが…。それで冒頭の雄叫びにつながったわけです。

「もしもし、私、ベルギーにも行きたいです」。当時、ロンドンとパリに2週間ほどの一人旅を計画していましたが、すぐ旅行会社へ連絡してベルギーへの旅程をねじ込んだくらいの衝撃を、レフ ラデュースはもたらしてくれました。

黒い洗濯機の上にレフとグラスを置いて、黒くて丸いパイプ椅子に座ったこと、日光が気持ちよく照りつけていたこと。レフが注がれてひんやりしたグラスの気持ちよさ、飲みながら雑誌『マリ・クレール』の安西水丸コラムを読んだこと。なにより、レフのおかげでこの上なく豊かな気持ちになったことなどが、幸せな記憶としていまでもありありと思い出せます。

このような“ビールとの幸せな出合い”は、多かれ少なかれビール好きな方ならばお持ちではないでしょうか。みなさんとビールの素敵な関係を教えていただければとってもうれしく思います。ただいま、ビールを愛する人「ビアメイト」募集中です!

最後になりましたが、金曜日のコラムは野田幾子が担当します。
『極上のビールを飲もう!』シリーズ(エンターブレイン刊)を2007年より毎年手がけている、ライター/エディターです。

取材の過程で醸造家やビアパブを営む方、ビア文化を広める活動をなさってる方など、ビールを愛しビールに携わる方々にお目にかかることができました。そんな「ひと」中心に、このコラムを書き進めていく予定です。どうぞおたのしみに。■


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。