[イベント]2011.4.4

復活イベント

 4/3日付のコラムでアメリカのブルワーズ・アソシエーションを通じ、「復活日本 再醗酵 ! Re-Fermenting Japan」の活動が世界に発信されたことをお伝えした。

 この中に記されていた”復活イベント”に関して「いつやるのか?」というお問い合せをいただいた。
 ”復活イベント”に関しては、早急の開催ではなく、ブルワリーや飲食店の情況を判断して開催する予定である。 

  今の段階で1000人2000人の大規模イベントをおこない、ビールを一極集中させることはブルワリーにも飲食店に負担をかけてしまうと考えている。
 今秋ごろまで、箱ものイベントは400~500人が限度だろう。

 しばらくは、貴重なビールをみんなでシェアしつつ、一杯でも多くのビールを一軒でも多くの店で飲めるようにする「共助」が必要だ。

 この件に関して、渋谷でおこなわれている「tacg」」は実に素晴らしい取り組みだと思う。

 4杯のビールを1軒で飲むのではなく、1杯のビールを4軒で飲む。
 「もう1杯いかがですか?」という言葉を「近くにもビア・パブがあるんで、行ってあげてくださいよ」という言葉に変えることは、経営者として勇気のいることだと察する。
 とかく、”一人勝ち”しようとする輩がはびこる中、ビール業界全体の復活を考えた共助の試みに拍手を贈りたい。

 今はこのようなサイズのキャンペーンが必要だと思う。
 
 義援ビールによる”復活イベント”はその次のステップだと考えている。
 再醗酵が熟成期に入ってからだ。

 復活日本 再醗酵 ! Re-Fermenting Japan  一杯でも多くのビールを一軒でも多くの店で飲もう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。