[イベント]2013.12.15

飲食店で“発泡酒や第三のビール”を“生ビール”と表示。

発泡酒第三のビール表示偽装食の安全性食品トレーサビリティ

 先日、ある週刊誌からコメントの依頼があった。
 詳しい文言をここで発表することはできないが
「巷で表示偽装が話題になっている。“発泡酒や第三のビール”を“生ビール”と称して提供している飲食店あるようだが、これに対してどう思うか?」
という内容である。

 なるほどぉ。今っぽい企画である。

ref_m
(食品表示偽装事件で詫びる関係者。※画像と本文は直接関係ありません。)

 それに対して、私は

 まず、「ウソはいけない」というのは大前提である。だから「正しく表示をするべきだ」と思う。
 しかし、 表示が“生ビール”か“発泡酒や第三のビール(新ジャンル)”がそれほど大きな問題なのだろうか? 美味しければ飲むし、不味ければ飲まない。それでいいのではないか?
 もちろん、価格の安いものを仕入れ、価格の高いものとして売ることは商売として咎められることである。
 しかし、問題は
“発泡酒や第三のビール”=“安い酒”=“不味い酒”
“生ビール”=“高い酒”=“美味しい酒”
という刷り込みが、世にはびこっていることではないか?
 “発泡酒や第三のビール(新ジャンル)”を提供しようとしても、“発泡酒や第三のビール”と表示することにより“客離れ”がおきるのではないかという懸念を飲食店にいだかせていることのほうが問題ではないか?

 はたして “発泡酒や第三のビール”は本当に“不味い”のか?

 たしかに
“発泡酒や第三のビール”=“安い酒”
“生ビール”=“高い酒”
は正解である。
 しかし、その価格差は “酒税の差”に他ならない。
 原料代からすると、「モルト」より価格の高い「米」の使用量が多い“発泡酒や第三のビール”のほうが“高い酒”となる場合もある。
 それが逆転するのは酒税が全く違うからだ。

*1リットルあたりの酒税は以下の通りである。(ついでと言ってはなんだが他の醸造酒に関しても紹介しておく)

ビール 222円
発泡酒(麦芽比率25%未満) 134.25円
第三のビール 80円

日本酒(清酒)  120円
ワイン(果実酒) 80円

http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/123.htm

 ビールがいかに高い酒税をはらっているかよくわかる。

 技術革新により、一部の“発泡酒や第三のビール”の味わいは向上している。
 ブラインド・テイスティングすると多くの消費者がその違いを感じ取れない銘柄もある。
 全ての“発泡酒や第三のビール”が“不味い”とは限らない。

 たしかに“ウソ”はよくないが、“ビール”か“発泡酒や第三のビール”か? よりも“美味しい”と感じるか“自分の好みではない”と感じるか? といった”自分自身の味覚”を信じて飲めばいいのではないか?
 “表示”を飲んでいるわけではないのだから。

 表示に関して言えば、むしろ私が気になるのは、ビールの原料表示に“麦芽”“ホップ”としか書かれていない点である。
 麦芽やホップの産地や品種の表示はなぜないのか?    
 食の安全性、食品トレーサビリティの観点からすると、そちらのほうが重要ではないか?

といった内容を語らせていただいた。

 数日後、私のもとに週刊誌の編集者から
「構成ならびに誌面の都合のため、コメントをご紹介させて頂くことができませんでした」
とのメールが届いた。

 私のコメントは御期待にそえず、適切ではなかったようだ。
 ボツである。残念だ…。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

本格派ビール雑誌「ビール王国」発売中。
「ビール王国 ウェッブ・ストア」

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。
https://www.facebook.com/beerkingdom.jp?fref=ts

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。