[テイスティング]2013.12.11

ミッケラーの双子の兄弟が造るイーブルツイン「Low Life」―ビアレポート(54)

アメリカイーブル・ツイン・ブリューイングデンマークミッケラー

双子の兄弟というのはどういう感覚なのだろうかと思う私です。

自分がもうひとりいるような感覚なのか、まったく別の人格として見ているのか。入れ替わってみたりしたことはあるのか、やっぱり好みは一緒なのだろうか、など興味は尽きません。双子の兄弟が同じ分野で活躍しているという話は聞きますが、ビールでもそんな双子の兄弟が活躍しています。

今回はイーブルツインの「ロウ・ライフ(Low Life)」。

Low Life

Low Life

イーブルツインはいわゆるファントムブルワリーで、デンマーク・アメリカを拠点にしています。デンマークのファントムブルワリーといえばミッケラー。実は、イーブルツインの創業者であるイェッペ(Jeppe)氏はミッケラー創業者のひとりミッケル(Mikkel)氏の双子の兄弟なのです。創業は2010年とミッケラーの創業から4年遅れ。12月3日から「デリリウムカフェ」系列店舗での販売が開始されたということで、早速飲んでみました。

イーブルツインのウェブサイトを見てみると、ざっと確認できるだけでも60種類以上のビールが載っています。限定と言っていいのかわかりませんが、定番ではないビールを数多く造っているようです。

銘柄によって委託している醸造所が異なるようで、「ロウ・ライフ」はアメリカのWestbrook Brewingという醸造所で造られています。このWestbrook Brewingもまだ新しい醸造所で、この醸造所が造るビールはまだ日本には入ってきていないと思われます。

この「ロウ・ライフ」はピルスナーですが、一口飲むと柑橘系の香りと苦味を感じます。モルト感はそれほどでもなく軽い味わい。一般的なピルスナーより苦味は強い印象があり、余韻としても残りますが、心地よくスッと消えます。

私自身、イーブルツインのビールを飲むのは初めてだったのですが、ほかにどんなビールがあるのか非常に気になります。日本でも外販を始めるということなので、今後目にする機会も増えてくるでしょう。今後が楽しみです。

【BEER DATA】
ロウ・ライフ(Low Life)
生産地:アメリカ
醸造所:イーブルツイン・ブリューイング(Evil Twin Brewing)
スタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.5%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。