[テイスティング]2013.12.20

クリスマスにビールのための料理

クリスマス

七面鳥でアメリカンクラフトビールを

クリスマスといえば、チキンの丸焼き、それが、転じて、今や日本中がなぜだか、クリスマスになると鶏の唐揚げを食べています。そもそも、クリスマスになぜ、チキン? ルーツはアメリカにあります。11月第4週木曜日はアメリカの感謝祭の日。故郷に帰り、収穫に感謝し、アメリカの地鶏である七面鳥を焼いて、この季節にとれるクランベリーでソースを作って食べるという習慣があります。これをお祝いであるクリスマスにも食べるようになって、世界中に広まったようです。お腹の中にはハーブやスパイスをたっぷり詰めたローストターキーには、アメリカンIPAがよく合います。
というわけで、ターキーまたは、チキンのローストをビールで楽しみたい方へのレシピをご紹介いたしましょう。オーブンがあれば簡単に作れます!
<材料>
ターキーまたはチキン 1羽(冷凍ものは解凍に時間がかかるので注意!)
玉ねぎ 1個/もち麦またはごはん/しいたけ(きのこならなんでも)/クルトンまたはパン粉/パセリ/オレガノ/胡椒/塩/オリーブオイル/クランベリージャムかイチゴジャム/ギネス/黒こしょう
<作り方>
1 ターキーはお腹の中をよく洗い、お腹の中、まわりに塩、胡椒をよくすりつけておく。
2 玉ねぎ、しいたけをみじん切りにして、オリーブ油をひいたフライパンで炒め塩、胡椒する。
3 ボウルに2と、もち麦をゆでたもの、クルトン、パセリ、オレガノを入れてよく混ぜ、1のお腹に詰める。
4 3を胸を上にして、足をしばり、詰め物が出ないようにしたら、オリーブ油を全体に塗って、180℃のオーブンで焼く。串をさして透明な油がでるようになれば焼きあがりです。大きめなもので2時間、小さめで1時間くらい。
5 小鍋にジャムとギネスを入れ、よく混ぜながら煮詰め、塩、黒こしょうで味を整えソースにします。

BJA1期生 根岸絹恵

 

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック

<a href=”http://www.facebook.com/JBJA.jp” target=”_blank”>http://www.facebook.com/JBJA.jp</a>

上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。

よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01005根岸絹恵

この記事を書いたひと

根岸 絹恵

ビアジャーナリスト/フードコーディネーター/ビアソムリエ

ビールが大好きなフードコーディネーター。おいしいビールに合わせたレシピを考えるのがライフワーク。 登山、スキー、キャンプなどアウトドアスポーツとウエストコーストミュージック&ビールが元気の素!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。