[テイスティング]2013.12.21

「ホッピークリスマス」でグリーンなクリスマスを―ビアレポート(57)

IPAブリュードッグ

クリスマスに関係なくクリスマスビールを飲んでも全く問題ない私です。

恐らく皆さんもそうだと思います。確信しています。

クリスマスビールといえばベルギービールでしょうか。冬になると「ノエル」や「クリスマス」という名前が付いたクリスマスビールを見かけるようになりますね。一概には言えませんが、アルコール度数が高めで重めのボディのビールが多いようです。

が、今回はベルギービールではなくブリュードッグのクリスマスビール、「ホッピークリスマス」をご紹介。

Hoppy Christmas

Hoppy Christmas

ホップ好きはこの名前だけで飲んでしまうのではないでしょうか。「ホッピークリスマス」とはまたシンプルでわかりやすい名前ですが、ジョン・レノン&オノ・ヨーコの「Happy Xmas (War Is Over)」という曲にちなんでいるのでしょうか。そのあたりは不明です。

で、名前の通り、まず香りからホップ全開です。開栓した瞬間にホップの香りが漂います。ホップはシムコーだけを使っているようですが、柑橘系の香りよりも草っぽい香りのほうが強い印象です。アロマも同様、草っぽさとシトラス、パッションフルーツを思わせます。それをしっかりと苦味とボディが支えています。ラベルには「festive pale ale」と書かれていますが、シングルホップIPAという感じですね。

ブリュードッグのウェブサイトでは「ホワイトクリスマスではなくグリーンクリスマスを願っている」といったようなことが書いてありましたが、まさにホップ全開でグリーンな印象のビールでした。

【BEER DATA】
ホッピークリスマス
生産地:イギリス
醸造所:ブリュードッグ
スタイル:ペールエール
アルコール度数:7.2%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。