[テイスティング]2013.12.25

ストーンとファントムブルワリーのコラボ「ザ・パーフェクト・クライム」―ビアレポート(58)

アメリカイーブルツインストーンセゾン

コラボレーションが好きな私です。

私もぜひ何かとコラボレーションしたいと思い、首を長くしてオファーを待っていたのですが、なかなかオファーが来ないので先ほど首を縮めたところです。これからは寝て待つことにします。

さて、昨今ビール業界でもコラボビールがいろいろ造られています。例えば、COEDOとバラストポイント。COEDOはコロナドともコラボしていますね。海外に目を向けると、アメリカではストーンが毎年いろいろな醸造所とのコラボビールを造っています。

ということで、今回はストーンがイーブルツイン、スティルウォーターとコラボした「ザ・パーフェクト・クライム(The Perfect Crime)」をご紹介。

The Perfect Crime

The Perfect Crime

イーブルツインについては以前ご紹介しましたが、スティルウォーター(Stillwater Artisanal Ales)もイーブルツインと同様、いわゆるファントムブルワリーです。メリーランド州ボルチモアを拠点にしています。そんな2者とストーンのコラボレーションです。

ストーンは、2008年から毎年コラボビールを造っています。2008年にはエールスミスとミッケラーとのコラボで、ベルジャンスタイルトリプルエールを醸造。現時点で最新のコラボビール「SUEDE IMPERIAL PORTER」(10 BARRELとBLUEJACKETとのコラボ、2013年10月リリース)まで、20種類のコラボビールを造っています。アメリカ国内の醸造所にとどまらず、ヌグネ、ブリュードッグともコラボ。日本では2011年にベアード、ISHII BREWINGとコラボした「JAPANESE GREEN TEA IPA」が知られているでしょうか。

今回飲んだ「ザ・パーフェクト・クライム」は2012年11月リリースのビールで、スタイルはセゾン。セゾンですが、「BLACK SMOKED SAISON」とも書いてあり、漆黒ではないもののかなり黒い色合い。華やかさもありながらかすかにスモーク感のある香りが口の中で広がります。ホップの苦味と軽い焦げ感のある苦味が交じり合い、ドライな印象のフィニッシュ。

ボトルにはアルコール度数6.8%と書いてありますが、インポーターのラベルには7.0%とありました。さらにイーブルツインのウェブサイトでは7.5%との表記。どれが正しいのかよくわかりませんが、少なくとも6.8%ほどの度数を感じることなく、比較的飲みやすいビールでした。リリースされてからもう1年以上経ちますので、今となっては希少なビールかもしれませんが、見つけたらぜひ。

【BEER DATA】
ザ・パーフェクト・クライム(The Perfect Crime)
生産地:アメリカ
醸造所:ストーン、イーブルツイン、スティルウォーター
スタイル:ブラックスモークセゾン
アルコール度数:6.8%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。