[テイスティング]2013.12.28

来年のことを言ってもストーンの怪物は笑わない「レビテーションエール」―ビアレポート(59)

アメリカアンバーエールストーン

一年の計は元旦になる前に考えている私です。

来年のことを言うと鬼が笑う、と言いますが、もう12月も28日となりましたので、もう鬼が大爆笑するほどではない時期かと思います。クスリと笑うくらいでしょうか。なお、今回ご紹介するストーンの「レビテーションエール」に描かれている怪物さんはまったく笑っていないので、来年のことを言っても問題ないかと思われます。

ということで、今年最後のビアレポートは前回に引き続きストーンの「レビテーションエール」です。

Levitation Ale

Levitation Ale

ビールの説明に入る前に、ストーンのボトルに描かれている怖いオジサンについて。コイツは一体何者で、何という名前なのかが気になったのでいろいろ調べてみました。検索してすぐ出てくるのは、これは「ガーゴイル」さんですよ、という答え。なるほど、ガーゴイルという名前は何となく聞いたことがあります。これはガーゴイルという怪物なのか、というところで止まっていたのが先ほどまでの私。

じゃあ、ガーゴイルとはどんな怪物なのかと調べてみると、怪物ではなく石像のことでした。辞書によると、屋根の上などに置かれる怪物などをかたどった石像のことをガーゴイルといいます。本来は雨水の吐水口としての機能があり、口から水を吐くようなのです。

怖い顔をしてますが、なんだか酒に弱そうな感じがしますね。

結局、この怪物が何者かはわからないままですが、「レビテーションエール」について。スタイルはアンバーエールで、アルコール度数は4.5%と低めです。ほどよいモルト感を中心に、シトラス香としっかりした苦味が取り囲んでいます。見た目よりも後味すっきり。

ちなみに、レビテーション(levitation)とは「浮揚」という意味。この怪物も空中浮揚しているようにも見えますね。ただ浮いているだけではアレですが、来年はどんどん上昇していく年にしたいものです。

それでは皆さま、良いお年をお迎えください。

【BEER DATA】
レビテーションエール
生産地:アメリカ
醸造所:ストーン
スタイル:アンバーエール
アルコール度数:4.5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。