[テイスティング]2014.1.1

新年は「ミッケルズドリーム」で新たな夢を―ビアレポート(60)

アメリカピルスナーミッケラー

あけましておめでとうございます。

本年もJBJAとこのビアレポートにお付き合いいただけますよう、よろしくお願いいたします。少しでも有益な情報を提供できればと思います。

さて、新年最初のビールはミッケラーの「ミッケルズドリーム(Mikkel’s Dream)」。ミッケルとは言わずと知れたミッケラーの創業者のひとりです。そのミッケルの夢と題したビールがコレ。

Mikkel's Dream

Mikkel’s Dream

このビールはアメリカンピルスナーということで、詳細は不明ですがアメリカンホップをたっぷり使ったピルスナーのようです。グラスに注ぐとピルスナーとは思えない柑橘系のアロマが迫ってきます。一口飲むとほどよい酸味と苦味が広がり、アメリカンペールエールといってもいいような味わい。全体的にすっきりまとまっているビールで、飲み飽きずにどんどん飲めるビールです。

飲んでいると、先日飲んだイーブルツインの「Low Life」を思い出しました。ミッケルの双子の兄弟が造ったピルスナーで、こちらも詳細は不明ですが柑橘系の香りと苦味が特徴的です。双子だけに狙うところも似てくるのでしょうか。

いろいろ調べてもミッケルは何を夢見ているのかわからないままですが(ラベルを見る限り凡人が思いつくような夢ではないようです)、今年は夢をかなえられるような一年にしたいものです。昨日、年末ジャンボ宝くじで夢破れた方、新たな夢を見ましょう(私は買っていません)。

まずはよい初夢を。

【BEER DATA】
ミッケルズドリーム(Mikkel’s Dream)
生産地:デンマーク
醸造所:ミッケラー
スタイル:アメリカンピルスナー
アルコール度数:4.6%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。