[テイスティング]2014.1.25

偉そうなイモ虫の「キャタピラーペールエール」―ビアレポート(65)

イタリアデンマークペールエール

コラボしたいなあと思う私です。

これだけ世の中にコラボがあふれていると、何かと流されやすい私もコラボしてみたいと思うわけです。ファミリーマートと「ドラゴンクエスト」がコラボした「スライム肉まん」が出たと聞けば買いに行き、ファミリーマートと「キン肉マン」がコラボした「キン肉まん(牛丼風)」が出たと聞けば買いに行き。

肉まんばかりじゃないか、というお叱りはごもっともですが、世の中にはこのようにコラボがあふれているのです。コラボ商品を買うだけでは飽きたらず、自分も何かとコラボしたいと思ったりしてしまうのです。

それはさておき、今回ご紹介するのもコラボビール。イタリアのブリューフィスト(Brewfist)とデンマークのビアヒア(Berehere)のコラボで、「キャタピラーペールエール」というビールです。

Caterpillar Pale Ale

Caterpillar Pale Ale

ブリューフィストは2010年、ビアヒアは2008年創業と、比較的新しい醸造所のコラボ。ビアヒアのウェブサイトには「キャタピラーペールエール」の情報が載っていないので、ブリューフィストのウェブサイトから情報を拾ってみました。モルトはペールモルトやクリスタルモルトなどのほかに、ライ麦麦芽と小麦麦芽も使用しています。ホップはコロンバスとモトゥエカを使用。ほんの少しスパイシー感もありますが、ミディアムボディに華やかなフルーティーさもあります。苦味もしっかりと感じられ、全体的に安定感のある味わいです。

個人的に魅力を感じたのはやはりラベル。なんでしょうか、この意味不明なイラストは。キャタピラーとはイモ虫のことですが、この偉そうにタバコを吸っているイモ虫に女の子がビールを捧げているのか、それとも何か言いたいことがあるのか。ポイントはラベル右側の草むらに佇むおっさん2人。どうもブリューフィストの2人っぽいのですが…。

しかし、イタリアとデンマークの醸造所がコラボして、なぜイモ虫が描かれるのかはいまだ不明です。

【BEER DATA】
キャタピラーペールエール
生産地:イタリア、デンマーク
醸造所:ブリューフィスト、ビアヒア
スタイル:ペールエール
アルコール度数:5.8%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。