[イベント]2011.4.12

いまいただけるビールに感謝を

asahi.comに、大手メーカーの被災状況が紹介されている。
■ビール大手4社の主な大型工場の被災状況記事

SankeiBizの記事では、倒壊した生産施設の写真を掲載している。巨大なタンクが何本も倒れているさまは、M9.0が引き起こした揺れのすさまじさをまざまざと物語っている。同記事によると、アサヒビールの福島工場、サッポロビールの仙台工場は操業再開の目処がたっていない。キリンビールは、缶の材料メーカーも大きな被害を受けた。アサヒとサッポロは主力製品のみに生産を絞っている。またサッポロは、たる詰め工程の一部再開目処が5月中旬になる見込みだという。

3月のビール出荷は10.9パーセント減少(記事)。震災・計画停電の影響で仕込み、発酵、熟成などの製造もストップせざるを得ない状況が続いたため、首都圏のスーパーやコンビニでビールが品薄になっている状態だ。

アサヒビールお客様生活文化研究所が全国の20歳以上の男女約1800人を対象とした「お花見に関する意識調査」(2011年3月4日発表)では、「お花見に欠かせない飲み物」として「麦酒」が65パーセントという高い数字で1位になっていた(ちなみに2008年は74パーセント、2009年は60.1パーセント)。

お花見に持って行くお弁当との相性や、5パーセント前後のアルコール度数が外で飲むのに適しているという理由もあるだろうが、「乾杯はビールで」「外で飲むビールは気持ちがいい」といった文化が日本人に根付いているのは、1800年代から4大メーカーががんばってきてくれているからだとあらためて考える。

各メーカーは夏の商戦に向けた製造復旧に全力を傾けている。こちらでも既報のとおり、被災された国内クラフトビールメーカーさんのご苦労と負担もかなり大きい。震災の混乱の中、商品を市場に出してくれているメーカーさんに感謝しながら、今日も美味しくビールをいただこうではないですか。■

*コラムの更新が遅くなりました。ごめんなさい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。