[JBJA活動]2014.1.30

ビールについて淡々と勉強する 歴史その1

こんばんは、酒屋好きの池田です。

 

酒屋のことだけ嬉々として書いていたいのですが、なかなかそうもいきません。

何せ不勉強なので、この場を借りて勉強することにしました。皆さんもよろしかったらお付き合いください。

科目はまずは社会科、歴史と地理でいってみます。 テーマはもちろん「ビール」。歴史では「ビールの始まりと新橋」、地理では世界各地のブルワリーがどこにあるのか探すことにします。

 

今日は歴史の第1回、ビール醸造のはじまりまで。

参考書を2冊。

「麦酒伝来 森鴎外とドイツビール」(村上 満著 創元社 2006年)

「ビールと日本人 明治・大正・昭和 ビール普及史」(麒麟麦酒株式会社編 三省堂 1984年)

 ちなみに、いまでもキリンビールは「麒麟麦酒」株式会社です。かっこいい。そして結構後にでてきますが、明治屋は麒麟麦酒の販売所として創業します。今日読んだところなので先に書いちゃいます。

 

・日本(人)のビール醸造のはじまりは川本幸民

下田、横浜、長崎、函館の4港が開かれるのが1859年(安政6年)。ビールは横浜にやってきます。

 18世紀末には、蘭学者の研究を通して国内に「ビール」という言葉は現れているようですが、最初は留学生たちが海外で飲む程度。実際に醸造を試みた日本人は川本幸民(1810~1871)と言われています。ちなみに、「国内で」最初にということになりますと、長崎の出島で1812年(文化9年)頃にヘンドリック・ドゥーフというオランダ人が、醸造したのが最初と言われているようで、2005年にキリンビールが復刻しています。

 川本幸民は蘭学者であり蘭医。茅場町1丁目交差点付近の自宅の庭で醸造したというビールがどんなビールだったかは、まだ不勉強なのですが、「ビール王国」第1号の56・57ページに小西酒造 辻氏のインタビューがあり、小西酒造が再現した幸民のビールについて語ってくれています。幸民はドイツ語の「Schule der  Chemie」のオランダ語訳を「化学新書」という書に翻訳していますが、ここに醸造法が書かれており、幸民はこれを元に自力で醸造を試みます。

 小西酒造は、幸民の「化学新書」及び原文のオランダ語訳をもとに「幸民麦酒」を作りました。現在でも飲むことができます。実は2005年にキリンも幸民のビールを復刻しているようです。(福岡工場にて。試飲のみ、販売はせず)。飲み比べてみたいですね……

幸民の試醸が1853年とのことですから、幸民が43歳のころ、ということになります。なんだかシンパシーを感じます。

 せっかくなので、幸民の家のあたりに行ってきました。彼は茅場町1丁目の交差点近くに住んでいたとのこと。古地図と照らし合わせ歩き回り、おそらくこの辺だろう!と推定したのは、茅場町3番出口を上がったあたり。小諸そばとスターバックスの間に、日本ビール史の記念碑的な場所があるのです。

但し、行っても記念碑的なものは何もありません。せっかくなので、茅場町に用事のある方はどうぞ。

DSCN1530
このビルのあたり、のはずです。

 

 とはいえ、最初の醸造を行った川本幸民は、商業化には直接関わらなかったようです。ビジネスベースの醸造は、皆さん聞いたこともあるでしょう、ノルウェー系アメリカ人、W.コープランド界隈から始まるようです。

 1854年(嘉永7年)、あのペリーが横浜に上陸します。上陸したのは水神の森周辺。現在の横浜開港資料館のあたりです。つまり、今週末ジャパン・ブルワーズ・カップが行われる大桟橋の目の前!っていうかペリー、大桟橋のあたりに船を停めてたのでは!そこでイベント、しびれますね。

 ペリーによって日米和親条約が結ばれ、その後1858年(安政5年)に安政の5か国条約が米、蘭、露、英、仏との間に結ばれ、横浜に海外の商社がやってくるわけです。そこで出てくるのが、バスペールエール。今、当たり前すぎてありがたみを感じていない皆さん、日本における輸入ビールの始まりはバスなんですよ。そしてコープランドによる醸造が…始まります。但し、コープランドが最初かどうかは微妙なところもあるようですが……勉強中です。フレンスブルガーも早いですよ。

次あたりに新橋の話になるでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

02001池田大輔

この記事を書いたひと

池田 大輔

ビアジャーナリスト

ビールを造る人、売る人、飲む人に興味があって、突撃取材で話を聞くのが好きです。 取材を通して、ビールを楽しむシーンがもっと広がる楽しみを皆さんと共有できたら嬉しいです。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。