[テイスティング]2014.2.1

ほのかにフルーティーなピルスナー「コロナド・ゴールデン」―ビアレポート(67)

アメリカコロナドピルスナー

細かい表記にはうるさい私です。

メディアにおいて表記の統一というのは結構重要だと考えています。まずは内容があってこそではあるのですが、表記を統一することで文章が読みやすくなります。

例えば、漢字にするかひらがなにするか。一般的に「できる」は「出来る」よりも「できる」のほうがよく使われます。また、「ください」は「下さい」と「ください」で意味が異なるので表記に注意。「ころ」は状況によって「頃」と「ころ」を使い分け、「など」は「等」よりもひらがな表記にすることが多いようです。こういった表記は、校正作業で統一させます。

…さて、今回ご紹介するのはコロナド・ブリューイングの「コロナド・ゴールデン」です。

Coronado Golden

Coronado Golden

コロナド・ブリューイングは結構好きな醸造所でして、そこそこ飲んでいるはずですが、このレポートでご紹介するのは初めてです。1996年に設立したサンディエゴの醸造所で、最近ではコエドビールとのコラボビール「コエドナド(COEDONADO)」で名前を耳にした方も多いと思います。

コロナドの定番としては「オレンジアベニューウィット」「アイランダーIPA」あたりが知られているでしょうか。「コロナド・ゴールデン」はコロナドのラインナップで唯一のピルスナー。ただ、ピルスナーといっても、ジャーマンピルスナーやボヘミアンピルスナーとはちょっと違います。

ピルスナーという感じはありますが、ほのかにフルーティーな香りも。ただ、以前飲んだイーブルツインの「ロウ・ライフ」のような強い柑橘感はありません。どんなホップを使っているのだろうと調べてみたら、ザーツ、クラスター、ジャーマンハラタウでした。クラスターあたりの香りが出ているのでしょうか。

海外のブリュワリーのウェブサイトを見ていると、ビールで使っている材料などが書いてあるのでなかなか面白いんですよね。「コロナド・ゴールデン」では、ホップは上記の通り、モルトは「2-Row, wheat, pilsner」とあり、IBUは20、酵母は「Cal Ale」を使用…

ん?

Ale?

たぶん表記ミスだとは思うのですが…。

間違いがないかチェックする校正作業というのは、地味ですがなかなか重要な作業なのです。

【BEER DATA】
コロナド・ゴールデン
生産地:アメリカ
醸造所:コロナド・ブリューイング
スタイル:ピルスナー
アルコール度数:4.9%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。