[テイスティング]2014.2.5

英でも米でもない新な「ホップワイアードIPA」―ビアレポート(68)

IPAニュージーランド

いろいろ探しだすのが好きな私です。

言い方は悪いですが、文字の間違いなどのあら探しをついついしてしまいます。仕事柄それは必要なことなのですが、気にしなくていいところまで気にしてしまうのです。

一方で、気にして探しだそうと思っている時に限って、探し出せないということもよくあります。例えば、ビールの香りや味。メインのほかに、さまざまな香りや味が隠れていることがありますが、それらを必死になって探しだそうとすると、ますますわからなくなってきたり。

さて、今回はニュージーランドの8 Wiredという醸造所の「ホップワイアードIPA」です。

Hopwired

Hopwired

名前からしてホップをたくさん使っているんだろうなと思い、ついつい買ってしまいました。ホップはサザンクロス、モトゥエカ、ネルソンソーヴィンの3種で、すべてニュージーランド産。グラスに注ぐと、シトラス系の香りにハチミツやブドウのような香りも感じられます。

ここで「おっ」と思いました。いつもよりも隠れた香りを探し出せているような感じが…。8 Wiredのウェブサイトを見てみると、パッションフルーツ、ライム、オレンジ、ブドウ(ソーヴィニヨン・ブラン)…といったことが書かれており、今日の嗅覚の調子は悪くないな、と。

フレーバーは、上記の他に桃のような香りも。苦味もしっかり感じられるのですが、モルトの甘味もあり、IBU70というほどキツさは感じません。アメリカンIPAともイングリッシュIPAとも違う(どちらかといえばアメリカンに近いと思いますが)、ニュージーランドホップをたっぷり楽しめるIPAなのではないかと。

ちなみに、8 Wiredという名前の由来は、ニュージーランドのワイヤーカタログに載っていた8番(No. 8)ワイヤーから付けられているそうです。8番ワイヤーは、食器棚から車の修理までいろいろな用途に使える万能ワイヤーで、工夫次第でいろいろなことができることがこの醸造所と同じ、ということ。醸造所のリソースが限られている中で、創意工夫によってビールを造り出す、という意図が込められています。

といったことが、ウェブサイトに書いてあるのですが、こういう文章を読んでいると8 Wiredの他のビールも飲んでみたくなりますね。ホップをフレッシュなウェットホップに変えた「フレッシュホップワイアード」なんてビールもあるようで(「ホップワイアードIPA」とは異なるホップを使っています)、輸入されているかどうかはわかりませんが、見つけたらぜひ飲んでみたいものです。

【BEER DATA】
ホップワイアードIPA
生産地:ニュージーランド
醸造所:8 Wired
スタイル:IPA
アルコール度数:7.3%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。