[テイスティング]2014.2.12

グッドデザインなサンディエゴのセゾン「Lomaland」―ビアレポート(70)

アメリカサンディエゴセゾン

デザインにはうるさい私です。

ま、うるさいだけなんですけど。

特にデザインの勉強をしたことがあるわけでもないのですが、日々の仕事でデザイナーさんとやりとりしていくうちに、デザインに注文をつける能力がなんとなく身についてしまったようです。もちろんそれは好みで注文をつけるわけではなく、ある程度理にかなっていないといけません。仕事だと、自分の好みを通せないときもあるわけです。

が、仕事でなければそんなことは関係ありません。ビールを味で選ぼうが、ブルワリーで選ぼうが、そんなことは人それぞれ。私はデザインで選びます。

さて、今回ご紹介するのは、モダンタイムスというブルワリーの「Lomaland」というビール。モダンタイムスはアメリカ・サンディエゴのブルワリーです。

Lomaland

Lomaland

このビールのシリーズが並んでいるのを見て、2秒後には手に取っていました。この「Lomaland」だけを見ているよりも、定番のシリーズ4種類を並べてみると美しさがわかります。こちらから確認してください。

同じデザインで、色がスタイルによって異なっています。アンバーは赤、ウィートは黄色、スタウトは茶色、セゾンは緑、というように、色でそのビールのスタイルをイメージできます。埼玉・川越のコエドビールも同じように色でイメージを変えていますね。派手さはないですが、シンプルかつ分かりやすいデザインです。

もしかしたら「どこが美しいの?」と思う方もいるかもしれません。それでもいいんです。仕事とは関係ない好みの話ですから。ただ、統一感のあるデザインで、色を使って変化をイメージさせるという手段は、ビール以外でもいろいろなところで使われています。もちろんこれがベストという手段ではありませんが、こうやってデザインにも気を使っているブルワリーは、他のさまざまなところにも気を配っているのではないか、と思ったりします。

…デザインに対してうるさくしてしまいました。

で、この「Lomaland」ですが、スタイルはセゾンです。大麦麦芽、小麦麦芽に加え、コーンも使用。ウェブサイトにはレシピのリンクが貼ってあり、それを見ると酵母はデュポンを95%、ウェストマールを5%使用しているようです(リンクがあるとはいえ、別サイトなので「ようです」としました)。ホップ感やスパイス感があり、これだけで飲んでもいいですが、さっぱりとした料理に合わせたくなります。

モダンタイムスはまだできたばかりのブルワリーのようなので、これからもっと出回るようになってくるかもしれませんね。個人的にもこういったグッドデザインなブルワリーは応援したくなります。ジャケ買いもいいものですよ。

【BEER DATA】
Lomaland
生産地:アメリカ
醸造所:モダンタイムス
スタイル:セゾン
アルコール度数:5.5%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。