[ブルワー]2014.2.14

横浜ベイブルーイング、アジア初の金メダル!

ベイブルーイングヨコハマ横浜

チェコのターボルで開催されている世界的なビールの審査会
「Gold Brewer’s Seal 2014」で、2月12日横浜ベイブルーイングの「ベイピルスナーK」がゴールドメダルを獲得した。
1795522_529350567178081_1567461188_n[1]
今回メダルを獲得したのは初期糖度13%以上の部門(Microbrewery Special Light Beer)。
第24回目を迎える同大会で、アジアの醸造所が入賞するのはこれが初の快挙だ。

審査は多くのビールコンペティションとは異なり、ビール職人とビール関係者ら、その道のプロら審査員を務める。
審査員同士のディスカッションはなく、審査員がテイスティングで付ける点数のみで審査される。
日本からは横浜ベイブルーイング醸造責任者の鈴木真也氏と、ヨーロッパの輸入ビールを扱う通販会社Imbiss代表の埋橋祐二氏が審査員として参加した。
DSC_1197

「ベイピルスナーK」を造る横浜ベイブルーイングは横浜関内駅から徒歩5分の場所にある小規模醸造所。
併設されたパブで出来立てのビールが味わえると浜っ子には人気が高い。
月に5種類、毎回レシピを変えて新しいビールを造っており常に新しいことにチャレンジし続けている醸造所としてビールファンからは知られている。

DSC_1150
(審査に臨む鈴木真也氏)

折しも、2月13日は醸造責任者の鈴木真也氏の誕生日。
最高の誕生日プレゼントになった。

ロシアで開催されている冬季五輪では日本人選手が数々の種目でメダルを獲得し五輪フィーバーも高まっているが、チェコのビール審査会で日本の小規模醸造所が金メダルを取ったことで日本のビアシーンもますます熱くなることは間違いなさそうだ。

(写真提供:埋橋祐二)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして『ビール王国』、『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。