[テイスティング]2014.2.19

今年注目したいニュージーランドのパロットドッグ「DeadCanary」―ビアレポート(72)

ニュージーランドペールエール

ネコ派の私です。

前回のブリュードッグについて書いた後に思いました。イヌが関係する醸造所名(ビール名)はいくつか思いつくのですが、ネコは思いつかないぞ、と。

「dog beer」で検索したところ、Brewdog、Flying Dog、Laughing Dog、River Dog、Moon Dog、Hair of the Dog、Bike Dog、Sea Dog、White Dog…といろいろ出てきました。

じゃあ「cat beer」で検索してみると…。

Fat Cat、Mad Cat、Boxing Cat、Ghost Cat…と、なくはないようで。イヌよりは断然少ない感じがありましたが、ビール名だったら「水曜日のネコ」がありましたね。もし自分が醸造所を造ったらネコ関連の名前にしたいと思います。

それはさておき、今回はブリュードッグからのイヌつながりで、ニュージーランドのパロットドッグ「DeadCanary」を紹介したいと思います。

DeadCanary

DeadCanary

最近はニュージーランドのビールをいろいろ見かけるようになりましたね。この企画でも8 WiredMcCashins Breweryの2つを取り上げたことがあります。今後もどんどん輸入されてくるのを、よだれを垂らしながら待っている私であります。

さて、このパロットドッグを購入した理由ですが、モダンタイムスを購入した理由と同じです。はい、ジャケ買いです。しかも、シリーズを通して同じデザインで、色をスタイルによって変えているところも似ています。デザインのご確認はこちらからどうぞ。

パロットドッグはニュージーランドのウェリントンにある醸造所。2011年創業とまだ新しい醸造所です。定番はIPA、Red IPA、Pale Ale、Blonde Ale、Dark Mild Aleの5種類。

今回飲んだのはPale Aleの「DeadCanary」で、イギリス産モルトとニュージーランド産ホップを使用しているようですが、詳細は不明です。8 Wiredを飲んだときにも感じましたが、イギリスやアメリカとも違う、パンチがありながらもやさしい味わい。柑橘系とは少々違うフルーティーな香りと適度な苦味があります。ニュージーランド産ホップといえば、ネルソンソーヴィンやモトゥエカといったところですが、それらが使われているようであれば、その特徴が出ているのかもしれません。

2013年はイタリアのビールが注目されたりもしましたが、今年はニュージーランドのビールも気にしていきたいと思います。よだれを垂らしながら。

【BEER DATA】
DeadCanary
生産地:ニュージーランド
醸造所:パロットドッグ
スタイル:ペールエール
アルコール度数:5.3%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。