[イベント,テイスティング]2014.3.12

★ビアレビュー★チェリーとビールの絶妙な出会い「My Turn Series:John」(加筆)

American CraftbeerDark LagerLAKEFRONT BreweryMy Turn Series:JohnThe Hangoverアメリカンクラフトビールイベントダークラガーテイスティングハングオーバーマイターンシリーズ:ジョーンレイクフロントブルワリー

*3/12 イベント企画の理由について加筆しました。

先月、アメリカ・ウィスコンシン州にあるLAKEFRONT Breweryの代表Andy Jungwirth氏が来日。東京のビアパブ「The Hangover」、「Devil Craft」、「Watering Hole」にて、レイクフロントブルワリーのビールを楽しむイベントが開かれました。

その中で、私が参加したイベントは、2月16日にビアパブ「The Hangover」で行われた「LAKEFRONT Tasting Night」。お店はレイクフロントのビールを味わうために集まってきたお客さんで満席!スタンディングで片手にテイスティンググラスを持ち、まさに海外のパブのような雰囲気でした。イベントではBig Easy Imperial Mai bock、Oktoberfest、IPA、My Turn Series:John Dark Lager with Cherriesという4種類のビールを披露。別日に開かれたDevil CraftとWatering Holeでは、また異なるビールが出されました。

the hangover IMG_6054
<LAKEFRONT Tasting Nightイベントの様子>

Andy
<レイクフロントブルワリーのAndy氏。彼は日本文化も大好き!>

そもそもなぜこのようなイベントを企画したのか?Andy氏に理由について聞いてみました。
「私は日本へ行く度、いくつかのレイクフロントのビールを友達にあげていた。そこで他の人にももっとシェアして知らせたいと思ったね。これが、私がレイクフロントブルワリーを知らせる企画を立てた理由だよ。私は私たちのメインビールより、期間限定や特別なビールに注目してほしたかったんだ。それで人々は特別な味わいが経験できるのはもちろん、スタイルに関係なく、クォリティーとドリンカビリティ(何度も繰り返して飲める)ビールへの私たちの取り組みについても理解できる。ハングオーバーのランディは、私たちのビールを持っている適切なビアパブを他にも3ヵ所知っていて、ボスも承認してくれてこの計画を実行することができたよ。やりがいも十分にあったイベントだった」
今回のイベントに提供されたビールのうち、最も印象に残ったビールといえば?私は迷わず「My Turn Series:John Dark Lager with Cherries」を選びます。しかも限定ビールなんです!
John
ところでジョンとチェリーはどんな関係?

ジョンはこのビールを造ったブルワー。そうです。My Turn Seriesのすべてのビールは、銘柄にビールを醸造したブルワーの名前が付きます。だから、my turn(私の出番)なんですね。

さっそくテイスティングを。
John2
ヘッドはクリーム色でスポンジのような細かい泡です。持ちも良いです。
色は完熟したチェリーのようなダークレッド。濃い茶色に赤みがかっている色です。(ビールの色が綺麗に撮れた写真がなくて掲載できなかったですが…)
トーストしたパンのようなモルトの香り、キャラメルのような香りを持ちながら、甘酸っぱいチェリーが広がります。若干のスパイシー香も感じられます。
少量ですがさっそく飲んでみました。サワーエールほどではないですが、甘酸っぱいチェリーの味わいがほどよく口の中を満たします。ローストしたモルトも香ばしく、チェリーとよく馴染みますね。苦味は少なく、飲みやすいです。一般的なラガーに比べて奥行きがあり、濃厚な味わいだが、すっきりした飲みごたえが気持ち良いです。それで終わると思いきや、後味がナツメグが入ったみたいにスパイシー!

チェリー以外にスパイシーを入れたのかと、Andy氏に聞いてみました。
「いや、香辛料はいっさい使っていないよ。後味のスパイシーフレーバーはすべてチェリーから来ている。このビールはね、ウィスコンシン州だけで栽培されるチェリーを使って造ったんだ。タルトチェリーの一種で酸味が強く、かなりスパイシー。本物のチェリーを使っているので、チェリーフレーバーのビールとは味わいが明らかに違うよ!」
ちなみに、瓶のラベルに書いている説明には、ジョンはこのビールを造るために20年をかけたと書いていました。タルトチェリーを使い、甘いけど濃厚なビールにすっきりしたのどごし出したい。その気持ちから何度も試行錯誤を繰り返して誕生した「My Turn Series:John」まさにジョンの努力の結晶とも言えます。

濃厚なビールが苦手な人でも気軽に飲めて、あっちこっちでおいしい!と、うれしい声が聞こえました。小さいテイスティンググラスで1杯だけ飲むつもりが、気が付いたらすでに3杯も入りました。まだ日本に輸入されていない限定ビールですが、今回のイベントをきっかけに少量でも入るようにと願ってみます。Well done John, you’ve done your name proud.(ボトル後ろのラベルより)

 

◎生産地:アメリカ、ウィスコンシン州、ミルウォーキー
◎醸造所:LAKEFRONT Brewery
◎品名:My Turn Series:John Dark Lager with Cherries
◎ABV:6.8%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

02003じょんにょん

この記事を書いたひと

じょんにょん

ビアジャーナリスト

日本在住歴を年々更新している韓国出身のビール好きです。 主にビールのテイスティングレビューと韓国のクラフトビール&パブの情報をお届けします★
ペアリングにも興味津々!ビールとスポーツについて探求中です。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。