[テイスティング]2014.2.26

国花について考えるブラックアイル「ブロンド」―ビアレポート(74)

イギリススコットランドラガー

脱線しやすい私です。

ビールについて調べていくと(ビールだけでもないですが)、本題から外れてちょっと気になったことをどんどん掘り下げていってしまう傾向があります。その結果、いつまでたっても元々調べたかったことがわからない、なんてこともしばしば。

さて、今回はスコットランドの醸造所、ブラックアイルの「ブロンド」をご紹介。

Blackisle Blond

Blackisle Blond

ブラックアイルは1998年に設立された醸造所で、その特徴はすべてオーガニックな原料を使っているということ。モルトもホップもすべてオーガニックです。日本で購入できるのは「ブロンド」を含め、「レッドカイトエール」「ゴールデンアイ・ペールエール」「ポーター」「ハイバネーター・オートミールスタウト」「スコッチエール」の6種類ですが、ブラックアイルのウェブサイトを見る限りでは12種類のビールを醸造しているようです。いろいろな事情はあるのでしょうが、全部日本で飲めるようにならないかな…と思っているわけです。

で、ラベルには何やら見慣れない形が描かれていますが、これはスコットランドの国花であるアザミです。日本でも全国的に生育している花で、葉や茎にトゲがあります。なんでこんなトゲのある植物を国花に…と思ったら、隣のイングランドの国花もトゲのあるバラでした。おお、ではウェールズはと思い調べてみたらリーキだそうです。リーキとは聞き慣れない植物ですが、簡単に言うとネギです。ネギの一種です(ラッパスイセンもウェールズ国花のひとつです)。

ネギはさておき、スコットランドでは、アザミがデザインに多く取り入れられており、硬貨にも描かれています。スコッチエールのグラスもアザミ型をしていますね。

今回飲んだのは「ブロンド」なのですが、コンチネンタルスタイルラガーとなります。グラッシーな香りがあり、爽やかな印象。ウェブサイトを見ると、タイのグリーンカレーからピザまで何でも合う、とのことなので、いつかグリーンカレーと合わせてみたいと思います。ややドライな感じもあるので、辛くてスパイスのきいたタイ料理にはいいかもしれません。

【BEER DATA】
ブラックアイル ブロンド
生産地:イギリス
醸造所:ブラックアイル
スタイル:ラガー
アルコール度数:4.5%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。