[テイスティング]2014.3.8

ESBとアメリカンペールエールのハイブリッド「Worthy Pale Ale」―ビアレポート(77)

ESBアメリカペールエール

悩んだ末に結論を出せない私です。

簡単に言うと決断力がないということ。人のことなら「どっちでもいいのに」とか「こっちのほうがいいのに」とか思うわけですが、自分のこととなると決断できなくなるわけです。

さて、今回はアメリカのオレゴン州にあるWorthy Brewingの「Worthy Pale Ale」。

Worthy Pale Ale

Worthy Pale Ale

この記事を書こうと思った時にも、どうでもいいことで少々悩みました。カタカナ表記にした場合、「Worthy」は「ワーシー」なのか「ワースィー」なのか。ウェブサイトを見ても、両方の表記があったりして迷うのです(カタカナでは正確に英語を表記できないので、インポーターさんが決めてなければどっちでもいいことですが…)。

飲んでみると、しっかりとした苦味を感じます。ホップはナゲット、センテニアル、クリスタル、メリディアン、ホライズンの5種類を使用。シトラスに加えてトロピカルフルーツを思わせる香りの印象もあります。Worthy Brewingでは特にホップに力を入れているようで、このペールエールに使用しているホップはすべてオレゴン産。そして、醸造工程でホップは5回も投入しているようです(回数は銘柄にもよるかもしれません)。苦味とボディとのバランスも絶妙。

なかなか好みなアメリカンペールエールだな…と思って飲んでいたのですが、ウェブサイトを見てみると「ブリティッシュESBとアメリカンペールエールのハイブリッド」なんて書いてあり…。またしてもどっちなのかと悩むわけです。気になって必死にESBの味わいを探したりして…。

とはいえ、悩んでも味わいは変わらないので、気にせず飲むのが吉、のようです。

【BEER DATA】
Worthy Pale Ale
生産地:アメリカ
醸造所:Worthy Brewing
スタイル:ペールエール
アルコール度数:6.0%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。