[テイスティング]2014.3.12

山田錦を使ったベルジャンホワイト「穂和香」―ビアレポート(78)

ベルギーベルジャンホワイト小西酒造日本

米が大好きな私です。

「好きな食べ物は?」と聞かれて米と答えるくらい好きです。好きな料理はご飯。そんな私ですが、食用ではなく酒となると、日本酒よりもビール。米より麦のほうが好みだったりします。

さて、今回は米を使ったビールをご紹介。小西酒造の「穂和香」です。

穂和香

穂和香

もちろんメインは麦芽ですが、米を使ったビールは珍しいものではなく、ピルスナーでよく使われています。米はでんぷん質が多いということもあり、それ以外に味わいを軽やかにする目的で使われることも。しかし、この「穂和香」はピルスナーではなく、ベルジャンホワイトに近いスタイル。小麦やコリアンダー、オレンジピールも使われていて、軽い味わいに仕上がっています。

使われている米は山田錦。山田錦といえば酒造好適米の代表的銘柄ですね。山田錦は兵庫県が主な産地ということで、1550年の創業以来日本酒を作り続けている兵庫県伊丹市の小西酒造だからこそ、といったビールでしょうか。ちなみに、山田錦に限らず酒造好適米は、炊いて食べてもあまりおいしくないという話も。あまり粘り気がなく、パサパサした状態になるようです。酒にしてこそ本領を発揮するということですね。

グラスに注ぐと、薄くクリアな色合いに真っ白な泡。味わいはベルジャンホワイトなので、軽く飲めてしまいます。甘さもすっきり、酸味も突出することなく、バランスのよい味わい。アルコール度数を見てみると、なんと3%。「ビールが苦手な人でも気軽に飲めるものを」ということで開発したとのこと。

自分のように、ビールが苦手ではなくともあまり強くない人にもいいですね。

【BEER DATA】
穂和香
生産地:日本・兵庫
醸造所:小西酒造
スタイル:ベルジャンホワイト
アルコール度数:3.0%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。