[テイスティング]2014.3.22

「ブルッグス ゾット ブロンド」でちょっとした歴史のお勉強―ビアレポート(81)

ビアカフェ ブルッグス ゾットベルギー

歴史好きな私です。

調べていくうちに、「アレとコレがこんなところでつながっていた」とか、「アレがこうした理由は実はコレだった」といったことなどがわかると非常に面白いのです。それがビールの世界にも関わってくるとなおさら。

さて、今回は「ビアカフェ ブルッグス ゾット」がオープンしたということで、ベルギーのドゥ・ハルヴ・マーン醸造所「ブルッグス ゾット ブロンド」をご紹介。

Brugse Zot Blond

Brugse Zot Blond

このビールも紹介するまでもなく有名なので、名前の由来はご存知の方が多いと思います。ブルージュの人たちが精神病院を建てるための資金援助をしてもらうために、その地を訪れたマクシミリアン1世の前でふざけたパレードを行ったら、それを見たマクシミリアン1世が「ブルージュはバカばかりだ」と言ったとか。それ以来、ブルージュの人々は「ブルッグスゾット(ブルージュのバカ)」と言われるようになった、というものです。

この話は「ブルッグスゾット」の紹介文などでよく書かれていますが、では、このマクシミリアン1世は何者なのか。紹介文などでは、神聖ローマ皇帝やオーストリア大公などと書かれていることが多いようです。実際にマクシミリアン1世は神聖ローマ皇帝やオーストリア大公になっていたので間違いではないのですが、ブルージュを訪れたこの逸話の時には、神聖ローマ皇帝になる前のブルゴーニュ公だったと思われます。まだマクシミリアン1世が20歳前後の頃です。

ブルゴーニュ公というのは、ブルゴーニュ公国を治めていた貴族のようなもので、マクシミリアン1世の前はシャルルという人物がブルゴーニュ公。マクシミリアン1世はそのシャルルの娘のマリーと結婚し、マリーとともにブルゴーニュ公としてブルゴーニュ公国を共同統治していたのです。

で、そのマリーという女性が、ベルギービール好きならご存知のマリー・ド・ブルゴーニュ。「ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ」に描かれている女性です。夫婦で後のビールに関係してくるわけですね。

と、調べていくうちに、こういったちょっとしたことでも知ることができると、すごく面白いのです。ヨーロッパのビールはこういった歴史があるから、より楽しいのかもしれません。

【BEER DATA】
ブルッグス ゾット ブロンド
生産地:ベルギー
醸造所:ドゥ・ハルヴ・マーン醸造所
スタイル:ベルジャン・ブロンド
アルコール度数:6.0%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。