[テイスティング]2014.3.26

ブリュードッグと音楽のコラボ「もしもし15ペールエール」―ビアレポート(82)

ブリュードッグペールエール

もしもし私です。

今回はジャケ買いというか名前買い。このボトルと名前を見た時に、コレを買わずに何を買う! と思うくらい、即買でした。

ブリュードッグの「もしもし15ペールエール」です。

Moshi Moshi 15 Pale Ale

Moshi Moshi 15 Pale Ale

名前を見ただけでは何のことやらさっぱりわかりませんが、イギリス・ロンドンのインディーズ・レーベル「もしもし・レコーズ(Moshi Moshi Records)」15周年を記念してコラボしたビールです。

では、この「もしもし・レコーズ」とは何ぞや、という話ですが、1998年に設立されたレーベルで、ロックを中心とした様々な音楽をリリースしています。「モシモシ」は日本語の「もしもし」に由来していて、「もしもし・レコーズ」のウェブサイトにはひらがなで「もしもし」と書かれています。「自分が好きなものをつくり、世界に発信する。そしてみんながそれを好きだと信じる」というモノづくりへのアプローチが、この2者に共通していることから、このコラボビールが生まれたということだそうです。

栓を開けるとふわっと柑橘香が漂い、飲んでみると力強い苦味。酸味もほどほどに感じますが、温度が上がるごとにまろやかになる印象です。甘味は弱め。ナッツのようなフレーバーもあり、様々なフルーティーフレーバーもあり、ホップの苦味とともにこのビールの主張が止まりません。

音楽好きな方は、このビールに合わせて音楽を選んでみても面白いのでは。私は詳しくありませんが…。

【BEER DATA】
もしもし15ペールエール
生産地:イギリス
醸造所:ブリュードッグ
スタイル:アメリカン・ペールエール
アルコール度数:5.2%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。