[テイスティング]2014.4.2

カスケードレイクス20周年記念「20th Anniversary IPA」―ビアレポート(84)

IPAアメリカオレゴン

ビールにマイブームがある私です。

そのブームは半月くらいの短期間で変わるのですが、どうやら今はオレゴンブームのようです。

ということで、今回も引き続きオレゴン州の醸造所をご紹介。カスケードレイクス・ブリューイングの「20th Anniversary IPA」です。

20th Anniversary IPA

20th Anniversary IPA

カスケードレイク・ブリューイングは、1994年にオレゴン州レドモンドで設立された醸造所。名前は、カスケード湖という湖からとったのかと思ったのですが、そのカスケード湖はオレゴン州ではなくお隣のアイダホ州だったり。レドモンドの西にはカスケード山脈があり、そこには湖が点在しているのでそこからとったのかと思ったり。結局、名前の由来は調べても調べてもよくわからず。醸造しているビールは、定番が6種類とシーズナル9種類。今回のビールはその20周年の記念ビールでで、ホップはシトラ、リバティー、センテニアルを使用しています。

20周年の限定ってことでついつい買ってしまったのですが、実は定番の6種類のほうが個性的なラベルだったりします(ラベルはこちらからご確認ください)。「20th Anniversary IPA」のラベルデザインはシンプルでかっこよく、普段は奇抜な格好をしている人がビシッとスーツを着たような感じでしょうか。

飲んでみるとものすごくバランスの取れた味わい。まさにアメリカンIPAという感じです。IBUは82あるものの、苦味や柑橘系のフレーバーが突出しているわけではなく、甘味と酸味の間でバランスを取りつつしっかり主張している印象です。20周年の限定ビールですが、普段使いのIPAとして冷蔵庫に入れておきたい気分。限定ビールってなぜかそんなビールが多いのです。

【BEER DATA】
20th Anniversary IPA
生産地:アメリカ
醸造所:カスケードレイクス・ブリューイング
スタイル:アメリカンIPA
アルコール度数:6.4%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。