[イベント]2011.5.3

横浜「チアーズ」で第3回「麦酒&美食」の会

横浜「チアーズ」で第3回「麦酒&美食」の会がおこなわれた。


オリオンビール
宮古マイクロブルワリー とぅりばコーラルエール
ヘリオス酒造 ポーター


手前から時計回りに
あぐー豚とみみがーのパテェ
山羊肉のソテー 珊瑚の島のマースー(塩)添え
島らっきょ ゴーヤー入りバーニャカウダーソース


ニヘデビール ソフト(ケルシュ)
宮古マイクロブルワリー とぅりばコーラルダーク


手前から時計回りに
海ぶどう もずくのジュレ
サワラの自家製ツナ、メルバトースト
海ぶどう
シーサーのかまぼこ
アーサー(青さ海苔)と海老のハンバーグ


石垣島地ビール ヴァイツェン
ニヘデビール ハード(アルト)


あぐー豚の粗挽き自家製ソーセージとベーコンのグリル 紅芋のピューレ ふーちばー(よもぎ)のマスタード


ヘリオス酒造 ゴーヤドライ
石垣島地ビール 黒ビール


多良間島の黒糖のチーズケーキ 南都酒造の泡盛珈琲のソース

 今回は沖縄県のビールのみで構成されていた。
 沖縄県だけでこれほどバリエーションが揃い、それぞれの実力が高いことに改めて驚かされた。
 宮古島マイクロブルワリーは去年に創業されたニュー・ブルワリー。非常に質の高いペールエールとダークエールだと感じた。
 石垣島地ビールのバイツェン、ヘリオスのゴーヤドライも素晴らしかった。
 オリオン、ニヘデは南の島らしい爽快感が印象的だった。

 また、食事はまさに”ヌーベル沖縄キュイジーヌ”といった感じで最高だった。
 以前から個人的に「沖縄料理は美味しいが、いつもいつもゴーヤチャンプルやそーきソバばっかりではしんどいなぁ…。沖縄食材を使った新たなメニューの展開を作らなければ飽きちゃうよ」と思っていただけに、ひとつの答えを見せてもらった気がする。素晴らしいの一言に尽きる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。