[イベント]2014.10.20

JCBS2014・ビアワン グランプリ決定!「富士櫻高原麦酒 ラオホ」

Beer1JCBSNPO法人 日本のクラフトビールを支援する会

2014年10月5日、東京・錦糸町のすみだ産業会館イベントホールで「Japan Craft Beer Selection 2014 Award─Beer1 GRAND PRIX(ビアワン グランプリ)」が開催され、「富士櫻高原麦酒 ラオホ」がグランプリに輝いた。同日、各部門賞(後述)も決定している。
beer1 grand prix

同アワードはNPO法人 日本のクラフトビールを支援する会主催。「Japan Craft Beer Selection(JCBS)AWARD」の名称で2009年から続く国内クラフトビールのビアコンペティションだ。これまでは銘柄非公開の状態でジャッジがテイスティングする形式だったが、今回より規模を拡大、選定方法も変更になった。

まずはブルワー、酒販店、店舗、ビアジャーナリストなどのプロがエントリーノミネートされたビールをテイスティング、ジャッジする。さらに会場へ入場した一般消費者によるテイスティングと人気投票を敢行。ビアジャッジによる採点を加味し、ビアワングランプリを決定する流れだ。

fujiwara

ジャッジする内容は、アロマ、外観、フレーバー、マウスフィール、オーバーオール(総合)の5項目。
「エントリーされたビールの出来にややばらつきがあったように感じた。これまでブラインドでテイスティングしていたJCBSだが、今回は銘柄が判明している。ブランドのイメージが加味していることは否めないが、来場者の一般投票を取り入れたことでなされた変更としては“有り”だと思う」(JBJA会長・藤原ヒロユキ)

ノミネート(審査・投票対象)ビール数は56銘柄。19名のジャッジが審査し、一般投票有効数は273名・713票(*)だった。
*1人あたり最多3票まで投票可

■ビアワン グランプリ
同時受賞■部門賞:フレーヴァー&スペシャリティービール部門
富士櫻高原麦酒 ラオホ
富士桜_ラオホ

■部門賞:ウィートビール部門
富士櫻高原麦酒 ヴァイツェン
富士桜_ヴァイツェン

■部門賞:ライトカラービール・スタンダード部門
伊勢角屋麦酒 ペールエール
伊勢角屋ペールエールペールエールグラス②

■部門賞:ライトカラービール・ストロング部門
ヤッホーブルーイング インドの青鬼
インドの青鬼

■部門賞:ダークカラービール部門
飛騨高山麦酒 レッドボック
飛騨高山_レッドボック

■部門賞:スタウト&ポーター部門
飛騨高山麦酒 スタウト
飛騨高山_スタウト

■部門賞:ストロングビール部門
飛騨高山麦酒 カルミナ
飛騨高山_カルミナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。