001藤原 ヒロユキ

代表

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

002石黒 謙吾

副代表

石黒 謙吾

著述家・編集者・日本ベルギービールプロフェッショナル協会 理事

1961年 金沢市生まれ。
映画化されたベストセラー『盲導犬クイールの一生』、『2択思考』『分類脳で地アタマが良くなる』『ダジャレヌーヴォー』『エア新書』『CQ判定 常識力テスト』など著書多数。三輪一記氏と共著に『ベルギービール大全』『ベルギービール大全<新>』がある。プロデュース・編集した書籍も、『ジワジワ来る○○』シリーズ(片岡K)、『ナガオカケンメイの考え』(ナガオカケンメイ)、『負け美女』(犬山紙子)、『読む餃子』(パラダイス山元)、『ネコの吸い方』(坂本美雨)、『純喫茶へ、1000軒』(難波里奈)、『凄い! ジオラマ』(情景師アラーキー)など、ジャンル多彩に200冊以上。

003 野田 幾子

副代表

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

副代表

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

01001コウゴアヤコ

BJA1期生

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト 執筆記事数:180

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして『ビール王国』、『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

01004富江弘幸

BJA1期生

富江 弘幸

ビアジャーナリスト 執筆記事数:178

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

05007木暮 亮

BJA5期生

木暮 亮

ビアジャーナリスト 執筆記事数:117

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をキャッチフレーズに日本のビールを応援する活動を行っている。時間をつくっては実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想い聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは500種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」を連載中。

宮原 佐研子

BJA2期生

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター 執筆記事数:92

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

05006佐藤 翔平

BJA5期生

佐藤 翔平(あむろ)

ビアジャーナリスト 執筆記事数:77

【普段の食卓でも当たり前に美味しいビールを選べる日本にしたい】

その為に、食事の中で楽しむビールとして「正しく、気取らず、実になる」ペアリング記事をメインに執筆中。加えて、飲食店勤務の傍らティスティングを行い、その記録は1400を超える(2016年12月現在)。

日本地ビール協会(JCBA)認定シニア・ビアジャッジ、及びジャパンビアソムリエ協会(JBSA)認定ビアソムリエでもある。

川端 ジェーン

BJA2期生

川端 ジェーン

ビアジャーナリスト 執筆記事数:39

ベルギービールをこよなく愛しています。帰宅できる限界までビールを飲む「武闘派」系呑兵衛です。笑顔でビールを酌み交わせば世界平和は実現すると考えています。ビールの美味しいお店で見ず知らずの人に話しかけていたら、それは私かもしれません。

05002松原 順子

BJA5期生

松原 順子

ビアジャーナリスト/ライター 執筆記事数:33

ビールと昆虫と、リコーダーと天然石が大好きです。平日昼間は呑気なサラリーマン。夜は飲ん兵衛を生業にしております。ビールと虫を、キレイに可愛く撮れるようになりたいです。

05001くまざわ ななこ

BJA5期生

くまざわ ななこ

ビアジャーナリスト/ビアライター 執筆記事数:31

ビールとカレーと小田急線をこよなく愛するライター/エディター。インタビューの場数だけは踏んでいる自負があるので、その経験を活かしてビールに携わる人たちの思いを伝えるべく、ビアジャーナリストとしても邁進している。「小田急ビア散歩」「カレーをつまみにビールが飲みたいっ!」シリーズを連載中。

02004ニシバヤシ タツマ

BJA2期生

ニシバヤシ タツマ

ビアジャーナリスト/びあけん1級(2013,2015) 執筆記事数:23

大学時代に自転車旅行でビールのうまさを知る。ほどなくしてベルギービールにカルチャーショックを受け、 世界のビールの虜に。ビールは大人の趣味の1つ。その一期一会を記事やビアポエムとして伝えていきたい。

04001山口 紗佳

BJA4期生

山口 紗佳

ビアジャーナリスト/ビアライター 執筆記事数:16

1982年、愛知県知多半島出身。名古屋と東京で結婚情報誌、企業広報、健康、グルメ、生活、アニメ関連の雑誌・広告・書籍の編集制作を経てフリーの物書きに。静岡西部より、ビールと共にあるライフスタイル(子育て中でも楽しめるビアライフ)を地方色強めでお送りします。休日はグラウラーを積んでオートバイでツーリング。猛禽と赤も好き。

01005根岸絹恵

BJA1期生

根岸 絹恵

ビアジャーナリスト/フードコーディネーター/ビアソムリエ 執筆記事数:15

ビールが大好きなフードコーディネーター。おいしいビールに合わせたレシピを考えるのがライフワーク。 登山、スキー、キャンプなどアウトドアスポーツとウエストコーストミュージック&ビールが元気の素!

07001宮本とも子

BJA7期生

宮本とも子

ビアジャーナリスト/ビアライター 執筆記事数:11

1979年、愛知県の自然豊かな山あいの里に生まれる。大学進学をきっかけに京都で十数年を過ごしたのち、UKロックとウイスキー好きが高じてイギリスへ。1年間の遊学中にイングリッシュ・エールとパブ文化の虜となる。帰国後、結婚・出産を機にフリーライターとなり、お酒、旅行、育児などをテーマとした記事をウェブメディア等で執筆中。ビールを介して出会う人、場所、物語を通じて、「ビールは楽しい」を伝えていけたらと思っています。

カジ

BJA2期生

カジ

ビアジャーナリスト 執筆記事数:7

1965年愛知県大府市生まれ、現在世界一小さなビアパブを運営中。
ビールデ部所属
好きなモノは冷し中華です。
冷し中華で語ると2、3時間はしゃべれます。
例えば「冷し中華の一番大切なモノはなんですか?」と聞かれれば、
「それは錦糸玉子です。」と答えます。
ラーメン屋さんにとっても、中華屋さんにとっても錦糸玉子は、
冷し中華にしか使わない材料、
そして毎日一定数を事前に作り置きしなければならない材料です。
3~4か月間、毎日錦糸玉子を作る覚悟を決めた時、
彼らは「冷し中華始めました」と店先に高らかに宣言するのです。

05003松下 奈津子

BJA5期生

松下 奈津子

ビアジャーナリスト 執筆記事数:6

アメリカンクラフトビールの素晴らしさに出会い、さらにビール熱がたかまる。もっとたくさんの方々に「ビールの魅力」を知ってもらえるよう日々奮闘中。恐竜とローリングストーンズも大好き。大阪、福岡そして最近関東圏に引越して、活動範囲もさらに広がる!
http://ameblo.jp/wattsjournal/

08003蓮見 真一

BJA8期生

蓮見 真一

ビアジャーナリスト/ビアソムリエ/ビアアドバイザー/唎酒師 執筆記事数:5

1973年宇都宮市生まれ
飲食店勤務のビアジャーナリストです。
すきま時間を有効に活用し、各種イベントをハシゴしています。
ビールを通じての出会い素敵ですね!
ビール業界を応援出来る活動をしていきます。
ビアソムリエ:ジャパンビアソムリエ協会認定(JBSA)
ビアアドバイザー:ビア&スピリッツ協会認定(BSA)
唎酒師(日本酒ソムリエ):日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定(SSI)
などの資格を保有しています。

しば姉

BJA6期生

しば姉

ビアジャーナリスト 執筆記事数:5

いつもは普通の事務員。
たまにビールを注ぐ人に変身。
たまにビールを売る人にも変身。
ビール愛がありすぎてこんなことに。。。
みなさまに愛溢れたビール情報をお届けしマ~ス!

かとう けいじ

BJA7期生

かとう けいじ

ビアジャーナリスト 執筆記事数:4

1975年、愛知県生まれ、名古屋市育ち。
生まれながらの裏方気質で表舞台に出ることは好まない、その辺にいるビール好きの社畜。
ビールイベントの裏方として、来場者の笑顔を見ることに喜びを感じる根暗気質も持つ。イベントを通じてビールの素晴らしさを広めていきたいと考えているが、それらの気質のため、積極的にアウトプットせず黙々と裏方をこなす。これではいかん、と、ここに至る。
年に何度か右足首を捻挫する。2016年は4月現在で1回。
2016年4月からビールデ部にも所属。会員番号は「000000002」。

07010藤 瑠璃

BJA7期生

藤 瑠璃 FUJII RURI

ビアジャーナリスト/ビアフード料理研究家 執筆記事数:3

神奈川出身。ビアフード料理研究家。ビアソムリエ。
ダイエット好きで特技はリバウンド。ビールを毎日飲みながら体重を落し、開始から2年半で18kg減。現在、程よい肥満体。
美肌料理・飲みつつも太らない酒菜・食べ合わせ・90歳過ぎても健康で美味しくビールが飲める様に普段の食生活を中心に研究を続けている。
モットーは「医食同源」。
得意料理は「肉」料理。
極端にカタカナに弱いため、ビールの名前やお店の名前が全然覚えられないのが致命傷。

08002田口 光代

BJA8期生

田口 光代

ビアジャーナリスト/ビアライター 執筆記事数:3

1971年長野県生まれ 子供が幼いからという理由で起業し10年余り色彩学の講師として地元カルチャースクールに勤めてきました。子育てが一段落した事から興味のあった醸造酒メーカーでアルバイトを始めビール好きが高じてビアライターに。あるある知ってる!をもう一つ格上げする様な記事が書けたらと教えを請う日々です。水と環境を考えるブログ「 in sui shigen」を執筆中・準星空案内人・横浜市在住です。

09001小川 雅嗣

BJA9期生

小川 雅嗣

ビアジャーナリスト/ビール研究家 執筆記事数:3

1966年、東京生まれ。これまでずっと企業の研究員として過ごしている。
ビールの好きなところは、美味しいところ、自由で多様で何でもありな懐の深いところ、そして、飲むとみんなが笑顔になるところ。そんなビールには、まだまだいろいろな楽しみ方、美味しさがあるのではないかと思っていて、ビールについて疑問に思ったことを調べたり、思いついたことを試したりする中で、ビールの楽しさが伝えられるといいなと思っている。
人生やりたいことは、とにかく全部やろうと思い、ビアジャーナリストに。その他、音楽、映画、小説などの活動も、大したレベルではないが、いろいろやっている。

08001小林 大祐

BJA8期生

小林 大祐

ビアジャーナリスト 執筆記事数:2

広く奥深いビールの世界に魅了され、夜な夜なビールを飲み歩いています。
味や香りの幅広さや種類の豊富さに加えて、人との繋がりができることもビールの魅力の一つです。
ビールの素晴らしさを少しでも多くの人に伝えていきたいと思います。夢は世界中のビールを巡る旅をすることです。

山田 透

BJA4期生

山田 透

ビアジャーナリスト 執筆記事数:1

趣味はビール。
初めてベルギービールを飲んだ時にこれはビールなのかと衝撃を受け、
舌で素直に受け取れなければ頭で理解するべくビールのことを勉強した。
おかげでこれはうまいしビール何だと納得できるようになった。
こんな広い世界があるビールをもっと知りたいと、飲み歩きの日々。