[ビアバー]2020.6.28

渋谷CIDER SHACK クラフトビールとサイダーの拠点オープン!

CIDER SHACK渋谷

2020年6月1日、東京都渋谷区に「CIDER SHACK」がオープンしました。クラフトビールとサイダー(リンゴのお酒、シードル)を愛する二人が開いたお店。その魅力をご紹介いたします。

CIDER SHACK

「CIDER SHACK」は、渋谷駅から明治通りを南に徒歩7~8分ほど、恵比寿駅からは徒歩10分ほどの距離にあるCIDER&BEER PUB。明治通り西側の歩道を歩いていると、お店のロゴマークの入った看板が見えます。白い塗装に「CIDER SHACK」と店名が大きく表記され、ガラスにもロゴマークが描かれているので分かりやすいです。

(左)CIDER SHACKの看板、(右)店舗外観

店内に入ると、木材を多く使った内装から、気軽にクラフトビールやサイダーを楽しめる印象を受けます。席数は2人掛けのソファー席、カウンター8席の合計10席。カウンターは今後10~12席に増やす予定です。ビールおよびサイダーは、カウンターに設置された5タップのタップスタンド2つ、ハンドポンプが2基、独立した1タップの13タップから提供。6/14現在、タップからの提供はクラフトビールが主ですが、クラフトビール50%とサイダー50%の比率にしていく予定とのことです。

CIDER SHACK店内

お店のコンセプトは「Wild、Real、Natural、Artisan」。野性的、リアル、自然、職人的を意味する4つの単語は、ビールづくりやサイダーづくりに通じるものです。店舗の内装には、自然を意識した木材を多く使っており、農園に立つ小屋をイメージされています。日本国内やイギリスやベルギーなど海外のブルワリーとビアバーを巡り、ビールのエバンジェリストとして活動する「土肥 泰士」氏。イギリスのサイダリー(サイダーメーカー、サイダー醸造所)「ROSS ON WYE」にて、原料のリンゴ収穫・粉砕からサイダー醸造の一連の工程、ボトル詰めや配送など、サイダーづくりの修行を収めた「ちゃぁりぃ」氏。そんな二人が開いたお店です。

左:「ちゃぁりぃ」氏、右:「土肥 泰士」氏

提供するビールは、ブリティッシュやベルジャンなどヨーロッパの伝統的なスタイルが主です。6/14現在、樽生では「大山Gビール」、「松本ブルワリー」、「TDM 1874 Brewery」などから、ヨーロッパの伝統的スタイルの銘柄を提供。また、ボトルでランビックビールの提供もあります。サイダーは「ROSS ON WYE」を主として、イギリスをはじめとした銘柄を樽生やボトルで提供。サイダー(英語)はリンゴのお酒のことで、シードル(フランス語)とも呼ばれます。日本では甘いリンゴのお酒の印象ですが、伝統的なイギリスのサイダーは甘味が強くありません。ドライな味わいのもの、樽熟成したもの、ランビックビールの様なワイルドな風味なものなど、とても多様。多様なビールとサイダーを交互に飲み比べるのも良いでしょう。

(左)大山Gビールのペールエール、(右)ROSS ON WYEのサイダー

提供するフードは、マッシュポテト付きのチョリソーの鉄板焼き、ボリュームたっぷりのターキーレッグ(七面鳥の足)など、ビールによくあうもの。もちろん、サイダーにもあいます。今後はバリエーションを増やしていく予定で、たこ焼き提供も考えているとのことです。

(左)チョリソーの鉄板焼き、(右)ターキーレッグ

営業時間は、2020年6月現在では下記の通り。2020年7月から週1で定休日を定めますが、曜日は未定とのこと。
月~金 17:00 – 24:00
土日  15:00 – 24:00
※臨時休業や営業時間の変更の可能性もありますのでFacebookInstagramなどを事前にご確認ください。

CIDER SHACK開業までの経緯

ビールを愛する「土肥 泰士」氏は、日本各地のブルワリーやビアバーを巡り、クラフトビールについて学びました。また、ベルギー、イギリスやドイツなど海外のブルワリーやビアバーを訪れたこともあり、知見を広めました。そして、クラフトビールを提供する側に立つことを決意。当時は会社員でしたが、兼業で埼玉県戸田市のCraft beer & Bistro Dining「O’VAL」にて、サービングや接客などを学びました。その際、「ちゃぁりぃ」氏と共にサイダーの紹介イベントを開催。ビールのエバンジェリスト活動をしつつ、サイダーにも深く関わりを持つ様になりました。

Craft beer & Bistro Dining「O’VAL」にて修行中の「土肥 泰士」氏

サイダー大好き「ちゃぁりぃ」氏は、仕事やイベントを通じてサイダーと様々な関わりを持っていました。本格的に修行するため、イギリスで学ぶことを決意。2019年9月にイギリスへ旅立ちました。リアルサイダーと呼ばれる、野生酵母でつくられる伝統的なサイダーを求め、サイダリー(サイダーメーカー、サイダー醸造所)のあるウェールズ近く、ヘレフォードシャー(Herefordshire)へ向かいました。ヘレフォードシャー(Herefordshire)では、ハンドポンプで注ぐリアルサイダーを味わい、地元の方から情報収集。その後、教えてもらったサイダーミュージアム(サイダー博物館)を訪れることになります。このことが修行先を決める運命の選択になりました。

写真提供:CIDER SHACK、サイダーミュージアム

サイダーミュージアムではサイダー歴史、醸造方法、貴重な設備などを見学。博物館の方より、サイダールートというヘレフォードシャー(Herefordshire)のサイダーメーカー案内地図をもらいました。その情報をもとに、サイダーメーカーの1つ「ROSS ON WYE」へたどり着きました。「ROSS ON WYE」のパブにてサイダーを味わった際、すごくきれいで尖ったことない落ち着いた味に感激。

写真提供:CIDER SHACK、パブにて、ROSS ON WYEのサイダー

お店の方(オーナーの息子)に、この先にオーチャード(果樹園)があるので、行ってみると良いとアドバイス。そこには2人の英国人(1名はオーナーMike Johnson氏)がおり、『サイダーがどうやって作られているか知りたくて、日本から来ました』と修行の意思と熱意を伝えました。そして、リンゴ園の小屋に案内され、明日からここに泊まり、学んでよいと認められました。こうして、「ちゃぁりぃ」氏の「ROSS ON WYE」でのサイダー修行が始まりました。リンゴ園の小屋のことは「CIDER SHACK」と呼ばれ、オープンする店名の由来になりました。

写真提供:CIDER SHACK、リンゴ園の小屋

約6か月間「ROSS ON WYE」にて、リンゴの収穫~粉砕・絞り~発酵・熟成、ボトル詰め、配送などサイダーづくりの一覧の作業を経験。野生酵母でつくられる伝統的なサイダーづくりを始めとした修行を収めました。

写真提供:CIDER SHACK、木樽で熟成中のサイダー

2020年3月13日、「ちゃぁりぃ」氏は日本に帰国。「土肥 泰士」氏と共にオープンに向け、内装整備を開始しました。当初は、2020年3月20日ごろオープン予定でしたが、新型コロナウイルスによる、外出自粛など世情を考慮して見送り。2020年4月~5月にかけてはオンラインイベントを開催し、オープンを待ち望む方々と交流を深めました。そして、2020年6月1日にオープンを迎えました。

写真提供:CIDER SHACK、(左)修行を収め帰国した「ちゃぁりぃ」氏、(右)内装整備中の「土肥 泰士」氏

CIDER SHACKでクラフトビールとサイダーを楽しもう

「CIDER SHACK」は、クラフトビールとサイダーの拠点を目指すお店。ビール好きとサイダー好きの交流点であり、「ROSS ON WYE」などイギリスの伝統的なリアルサイダーを味わえるお店でもあります。今後は、この地域の人たちにクラフトビールやサイダーのことをより知ってもらう活動を進めていくとのこと。今後がとても楽しみなお店です。是非、訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事が素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。


■CIDER SHACK
所在:〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目27−9 奥山ビル 1階
FACEBOOK:https://www.facebook.com/CIDER-SHACK-104671051088484/
INSTAGRAM:https://www.instagram.com/cider.shack

※臨時休業や営業時間の変更の可能性もあります。訪れる際は、事前にご確認をお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

この記事を書いたひと

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。