[ブルワー,新商品情報]2020.10.18

与謝野で描く未来へのかけはし。あなたの一杯のビールが地域の礎となる。

いわて蔵ビールクラウドファンディング与謝野与謝野ホップ世嬉の一酒造京都与謝野酒造京都醸造新製品情報新規ブルワリー
ASOBI_Hashidate

写真 かけはしブルーイング「ASOBI」と背景は阿蘇海、天橋立

ビールの原料の中で「ビールの個性」を作り出すホップ。京都府与謝野町では京都与謝野ホップ生産者組合が6年目のシーズンを終えて今年も過去最大の収量となりました。そして、この秋には与謝野ホップを使ったフレッシュホップビールが今年も続々と登場しています。一部を紹介すると、
京都与謝野酒造「Hop-Up Beerハレバレゴールデン
京都醸造与謝野へ里帰り (YOSANO HOMECOMING)」が挙げられます。
この与謝野フレッシュホップビールに新たなブルワー&ビールが加わります。
かけはしブルーイング 「ASOBI」です。

ホップのまちから、ビールのまちへ。京都与謝野を変える若者たちのビールづくり

かけはしブルーイングという名前はまだご存じないかもしれません。なぜなら現在クラウドファンディングにて最初の与謝野フレッシュホップビールの委託醸造(※)プロジェクトが進行中なのです。(本記事掲載10/18時点、実施期間残り12日、2020年10月30日終了)
→2020.10.29追記 実施残り24時間 サポーター477人、達成率647%です。気になった方は今すぐどうぞ!
※委託先 いわて蔵ビール(世嬉の一酒造株式会社)

ビールをつくる理由

彼らがなぜビールを作るのか、与謝野のホップを使う理由をかけはしブルーイング代表の濱田さんにお話を伺いました。そのすべての想いはかけはしブルーイングのNote(下記リンク)にまとめられています。
僕らがクラフトビールを作る理由

僕らがクラフトビールづくりを通じて、成し遂げたいことを実現するための出発点にすぎません。僕らは、これからクラフトビールづくりに取り組んでいく中で、
①地域資源を活かし、循環させること
②地域に雇用や投資余力を作っていくこと
ということに注力していくことで、「持続可能な地域」を作っていきたいと思います。

特に上記のビールを通じて地域を作るには、与謝野というホップ栽培地域からの美味しいビール醸造、それを提供する一軒のビアバーの設立だけがゴールではありません。(それらの実現にも資金と確かなビジネスプランが必要なことは言うまでもありません。)

地域を作るためにビールを作る。パッションはもちろん必要ですが、地域雇用や経済まで波及するにはビジネスとしての持続性が必要不可欠であり、夢は描いたままで終わってしまう。
若い彼らはどのように考えているのか、彼らを追っていくうちに強みの若さとは何かについて気付かされた結論が一つありました。

若さとは

持続可能な地域貢献を考える、かけはしブルーイング。彼らの紹介や文言の中に若者、若い力という単語が登場し、実際に運営は全員20代。言葉から連想されるのは行動力、過去にとらわれない発想、失敗を恐れないなど。一方、未熟、稚拙などのネガティブな印象を抱く方もおられるでしょうか。
ただし、これらイメージはその人となり(イメージする人、される人双方)によるとも考えられます。イメージ自体は年齢によるものばかりではなく、生き方などが関係していると言えます。改めて気付かされた若さの強みは寿命という時間的な制約に残された時間が多くあるというシンプルな事実だと。
当たり前の事ですが、持続可能な地域貢献を彼らが時間をかけて続ける限り、また支える人々がいる限り、地域への貢献は繋がっていくということです。

地域のかけはし

若者たちは時間を武器に未来へのかけはしをつなごうとしています。橋を架けるには基礎や設計のノウハウも必要です。かけはしブルーイングは支えてくれる確かな人々と繋がり、協業しながら、彼ら自身も成長し、持続可能な地域の未来を作り上げるビジョンを持っています。

Oyster shell

写真 富栄養化により大量繁殖した牡蠣

ビジョンの一つには地域資源活用で、天橋立のある阿蘇海の富栄養化による牡蠣の大量繁殖が問題となっており、除去した牡蠣殻をビール原料水の硬度調整に活用していくことです。これによって「かけはしブルーイングを飲めば飲むほど、日本の海がきれいになっていく」。地域の課題解決がビール造りに織り込まれているのです。

この想いに共感するあらゆる地域・世代の成人は、彼らのビールを飲みながらその未来へのかけはしを支える。ビールが作る未来を一緒に考えませんか?

hop to beer town

写真 Makuake 応援購入募集の表紙

クラウドファンディングからのビール応援購入が未来のかけはしへ。応援購入を募集中です。

https://www.makuake.com/project/kakehashi_brew/

Makuake最新

(記事写真 すべてかけはしブルーイング提供)

商品概要

商品名:ASOBI
販売開始日:10月6日クラウドファンディング開始
価格:オープン価格
原材料:麦芽(外国製造)
使用ホップ:与謝野産 チヌーク・コロンバス、(一部ペレットホップ使用)
アルコール度:5%
スタイル:アメリカンペールエール
品目:ビール
容量/容器:330ml瓶
賞味期限:製造より半年間(商品に記載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

能秀和

この記事を書いたひと

能秀和

ビアジャーナリスト

日系/海外の自動車メーカーエンジニアから現在は規格認証の仕事をやりつつ、横浜界隈のバー、ブリュワリーを巡りながら情報を発信しています。
家族も一緒にブリューパブで食事をしながらの週末取材が幸せなひとときです。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。