[ビアバー]2020.11.17

渋谷から量り売り文化を広めたい! 【飲める!買える!酒屋さんを巡って6店目 TAP&CROWLER編】

TAP&CROWLER金井圭司飲める!買える!酒屋さんを巡って

2018年3月に東京・下北沢にオープンした「TAP&GROWLER-Fresh Craft Beer-」。店内でクラフトビールを飲めるほか、グラウラーと呼ばれる炭酸対応の水筒に量り売りをしているお店です。

その姉妹店として「TAP&CROWLER」が2020年11月13日(金)渋谷にオープンしました。今回はこちらの酒屋さんをご紹介します。

新店舗は奥渋谷エリアの入り口

「TAP&CROWLER」があるのはJR渋谷駅から徒歩約6分。渋谷PARCOの少し先、奥渋谷と言われるエリアにあります。近くにはNHK放送センターがあり、少し足を伸ばせば代々木公園や原宿にも行くことができる場所です。

お店の外観。

お店のある場所は大きい通りから奥に入りますが、「CRAFT BEER FILLING」という看板があるので分かりやすいと思います。

店内はコンクリートと木が調和した空間。座席は11席あり、スタンディングを含めると15名程度入れます。店外にも5席あり、天気の良い日はこちらで飲むのも気持ち良さそうです。

店内はFree Wi-Fiが使用できる。PCを使った作業をすることも可能。

フードは簡単なおつまみが用意されている程度です。しっかりした食事を楽しみたい方は、近くの飲食店で食べてくるか、持ち込みが可能なので購入してから来店するといいでしょう。

アルミ缶容器にお気に入りのビールを詰めて自宅で楽しめる

すでに店名を見てお気づきの方もいると思いますが、「TAP&CROWLER」はグラウラーではなくクラウラー(アルミ缶容器)を使用します。

クラウラーは、缶本体と上蓋が分かれたアルミ製の容器。好きなビールをサーブして専用の機械で上蓋を閉じます。アルミ缶ですので、光による劣化が防げることと持ち運びがしやすい利点があります。

クロウラーの採用について代表の金井圭司さんは、「観光客の多い渋谷という街の特徴を踏まえ、お土産感覚で気軽に持ち帰りができるようにしました」と理由を話します。

蓋を締める機械。

缶は500mlと1000mlの2つのサイズを用意しています。1人で楽しむなら500ml。誰かとシェアする場合は1000mlと使い分けることも可能です。もちろん、お気に入りのビールでしたら1000mlサイズで購入して帰るのもいいと思います。

1000mlサイズのクロウラー。

クラウラーは最大22Tapにつながっているビールをテイクアウトすることできます。ラインナップの中には樽でしか提供されていないビールもあるので、クロウラーに詰めれば自宅でも楽しむことができます。

店内で飲む場合は1/2PINTと3/4PINTの2種類から選べる。

また、店内には缶ビールの販売もしています。

缶ビールは抜栓料300円を支払えば店内でも飲むことができる。

店内ではグラウラー容器の販売もしています。他店舗でもテイクアウトをすることを検討している方はグラウラーを購入しておくといいでしょう。すでにグラウラーを持っている方は持参していけば、そちらに入れて持ち帰れます。

グラウラーはビールだけではなく、他の飲料にも使用できるので便利。

開店記念のオリジナルビール2液種も飲める、買える

開店を記念して造られた2種類のオリジナルビールも提供されています。

1つがBE EASY BREWINGとコラボレーションした「W/ANNIN(MILK SHAKE IPA)」。もう1つがRIOT BEERとコラボレーションした「SHE SO FINE(紫蘇HAZY IPA)」です。どちらのビールも店舗限定で飲むことができるほか、ボトルビールの販売もあります。

2種類のオリジナルビール。左がBE EASY BREWINGとコラボレーションした「W/ANNIN(MILK SHAKE IPA)」。右がRIOT BEERとコラボレーションした「SHE SO FINE(紫蘇HAZY IPA)」。

「W/ANNIN」は、ミルクシェイクを思わせる甘味に杏仁の風味が重なって杏仁豆腐を飲んでいるようなビール。甘味がしっかりしているので、最初の一口を飲んだ後に「飲み飽きてしまうかな」と思いました。しかし、ボディの重さを感じさせない味わいで、あっという間に飲んでしまいました。

「SHE SO FINE」は、紫蘇の風味が軽く感じる程度でとてもスッキリとしたビールでした。HAZY IPAとのことですが、紫蘇の風味の影響かジューシーさは弱く感じました。ボディも軽いのでゴクゴク飲めるビールでした。

タイプの異なるビールなので、来店時はぜひ2種類飲んでみてください。

お店に伺う前に周辺を歩いてみて、奥渋谷を散策した後に立ち寄ったり、天気が良い日は好きなビールをクラウラーに詰めてもらって代々木公園で楽しんだりするのも良いなと思いました。

渋谷エリアに誕生した「TAP&CROWLER」。「量り売りの文化を渋谷から発信していきたい」と金井さん。日本でも少しずつ広まりをみせるビールの量り売り。興味のあるビールファンは、近くを訪れた際に寄ってみてはいかがでしょうか。

左からマネージャーの田村桃子さん、代表の金井圭司さん、店長の勝間陽さん。

TAP&CROWLER Data

住所:東京都渋谷区宇田川町6-20パラシオン「渋谷」102
TEL:03-6416-5948
営業時間:15:00~24:00
休日:年末年始のみ
ウェブサイト
Instagram

TAP&GROWLER Data

住所:東京都世田谷区北沢2-33-6飯嶋ビル1階
TEL:03-6416-8767
営業時間:15:00~24:00
休日:年末年始のみ
ウェブサイト
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

こぐねえ(木暮 亮)

ビアジャーナリスト/ビールイベントプランナー

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは2000種類以上(もう数え切れません)。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」「うちの逸品いかがですか?」「Beerに惹かれたものたち」「ビール誕生秘話」「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

音声配信アプリstand.fmで、ビアジャーナリストこぐねえのビールRADIOを配信中

【メディア出演】
<TV>
●テレビ朝日「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」
<ラジオ>
●TBSラジオ「鈴木聖奈LIFE LAB~○○のおじ様たち~」
●JAPAN FM NETWORK系列「OH!HAPPY MORNING」
<雑誌>
●週刊プレイボーイ(2019年2月11日号) ●DIME(2019年4月号)●GetNavi(2020年2月号) ●週刊朝日(2020年6月12日増大号)●食楽(2020 SUMMER No,116)
<Web>
SUUMOジャーナル ●みんなのランキング ●この秋新しい恋をスタートしたいあなたに贈る!ビール恋愛心理学 ●初心者にも!プロがおすすめする絶品クラフトビール&ビアグラス

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。