[ビアバー]2021.5.3

道内で朝まで飲めるベルギービールのお店 

道内で飲めるベルギービールのお店第4回は、Mammy’s Barさんです。場所はすすきのにあるニッカウィスキー看板ビルの、隣のビル2階にあります。オーナーは石坂真美恵さんです。石坂さんとは、ポールズカフェのイベントで面識はありましたが、お店を訪ねるのは、今回初めてです。このお店の営業時間は、21時から翌朝4時迄営業しています。日祝日(定休日)や連休等は、昼や夕方から営業することもあります。通常の営業時間に私が訪問することは、交通機関の都合上不可能なので、祝日の昼の営業時間に伺いました。お店のシステムはノーチャージのショットバーでそれぞれ飲み物1杯の値段で提供されてます。

 

お店は、こじんまりしたスペースでカラオケもなく落ち着いた雰囲気です。

このお店に常時あるビールはヒューガルデンホワイトです。その他はその時によって違いますので、オーナーの石坂さんに訪ねてください。伺った時は、エヒテ・クリーケンビール、チョコレート・ドゥシャス・チェリー、ヘトネストシリーズ4種でした。今回、写真は撮ってませんが、べルギ―ビールの他、蝦夷ビールや基面ビール等のクラフトビールや珍しいビール等豊富に取り揃えていますが常時あるわけではありませんので、石坂さんに聞いてみて下さい

今回頂いたベルギービール

おつまみは手の込んだものはありませんが、種類は豊富です。

おつまみ

オーナーの石坂さんは同じ高校の1つ上の先輩です。今は、生徒数も半分以下になってしまいましたが、1学年450人いましたので、同級生ですら、同じクラスの人と有名人(成績優秀あるいはスポーツ優秀等)と同じ学校出身者合わせて200人知っていれば良い方で、先輩は有名人と同じ学校の先輩しか知りません。当然2年間同じ校舎で学びましたが面識は全くありませんでした。しかし、ひとたび、高校の話をすると時間が経つのも忘れてしまいました。

Mammy’s Barの営業は、朝4時まで開いてます。ベルギービールやクラフトビールの札幌飲み歩きや飲み会等での最後の店として落ち着いた雰囲気のMammy’s Barで締めたらいかがでしょうか。

Mammy’s Bar マミーズバー

オーナー   石坂真美恵

住 所    札幌市中央区南4条西3丁目第2グリーンビル2階(すすきの交番となり)

アドレス   https://www.facebook.com/mamie.ishizaka

連絡     フェイスブックのメッセンジャーでお願いします。

ベルギービール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

森 徹明(モリテツアキ)

ビアジャーナリスト

1968年1月福島県で生まれ現在北海道余市郡に在住。ロシア人と国際結婚。
佛教大学卒業後社会福祉士の資格を取り地元の特別養護老人ホームの管理者を行いながら実家の事業の1つである農業を手伝っている。
ビールはベルギービールを飲むのが主で、たまに道内のクラフトビールやエビスビールを飲む。特にベルギービールは専用グラスで飲むようにしている。
現在の活動は、Facebookで北海道ベルギービール愛好会の立ち上げ、道内でベルギービールが飲める飲食店や購入できるお店や自分の飲んだビールの紹介をしている。
又、産物のハネ品(サクランボ等)からビールを作るプロジェクトを2020年立ち上げ、ハネ品(規格外、交配用、完熟、微量な傷等)を対象にビールの副原料として使い数年かけて検証していく。
今後の取り組みとして現在の活動の他、ベルギービール(クラフトビール)の購入と介護記録についての記事とロシアのビール事情を書いていきたい。

北海道ベルギービール愛好会
https://www.facebook.com/groups/1586818794929083

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。