[イベント]2021.10.9

試行錯誤の4年間。『浜松クラフトビールフェス』の歩み

静岡県西部に位置する地方都市、浜松。人口約80万人で、古くは徳川家康が青年期を過ごした「出世の街」としても知られます。
浜名湖うなぎや浜松餃子などの食、繊維・楽器・自動車などものづくりも盛んな政令指定都市です。

浜松クラフトビールフェス

そんな浜松市で、4年前からスタートした『浜松クラフトビールフェス』。
実行委員を務める浜松にぎわい協議会の伊藤さんと、ATLAS代表の高林さんに、これまでの歩みを伺いました。

クラフトビールに、街の人は集まるのか?

イベント初回の2018年当時、地方でクラフトビールの認知度はまだ低く、「浜松でビールイベントを行ってどれだけの人が集まるのか?」イベントの集客見込みは未知数だったそうです。

「新しいことにチャレンジしよう!」と、8月末のイベント開催を決定するも、準備段階では手ごたえがなく、当日まで不安は続きます。

19ブルワリーが参加し、当日を迎えると、開催初年度の集客はなんと1万6千人。
会場となった浜松駅前の『ソラモ』で開催されるイベント集客としても、前例のない大盛況となりました。

ビールが足りない!浜松だから出来る出店ラインナップ

途切れることない来場者。用意していたビールを売り切り、そうそうに品切れになってしまうお店も。イベント運営をしながら、クラフトビールの予想以上の人気にカルチャーショックを受けたそうです。

2年目は会場も広げ、25ブルワリーが参加。地元の飲食店も加わり、盛り上がりをみせます。

東京と大阪のほぼ真ん中に位置する開催地・浜松の立地を生かし、東西双方のブルワリーがバランスよく出店するラインナップは話題に。

飲食スペースを増やすことで、街中にその日だけ現れる野外宴席は、さらに街の人をひきつけました。
「ビールマニアばかりじゃなく、市民が普通に飲みに立ち寄ってくれる雰囲気がいいね」と、出店するブルワリーにも好評です。

コロナ禍でのオンライン開催

ビールチケットの購入方法など、運営の課題や試行錯誤はありながらも、夏のイベントとして『浜松クラフトビールフェス』が定着し始めるかにみえた3年目。
コロナウィルス感染拡大防止の為、世間はイベント自粛の流れに。すでに出店者も集まっていましたが、やむを得ずこれまで通りのリアルイベントは中止。それでも、せっかく定着し始めたイベントを途切れさせないように、オンラインでのクラフトビールフェスを模索します。

非接触で楽しめるオンライン飲み会や、ブルワリーの姿をネットを通じて届けることで、ビールファンを増やすコンテンツを企画しました。

浜松クラフトビールフェス2020

クラフトビールと街のにぎわい

なぜ他のお酒ではなく、ビールのイベントを企画したのかを訪ねると、
「ビールって一番カジュアルなお酒だと思います。クラフトビールの多様性も魅力で、他のお酒よりアルコール度数も低いので、おかわりをしながら色んなブルワリーのビールが楽しめるのが醍醐味です!」と答えてくれた高林さん。

浜松にぎわい協議会の伊藤さんは、「クラフトビールの盛上がりをイベントだけにとどめず、街中の回遊や、地元の飲食店応援にもつなげたい」と話します。

コロナ禍が続く2021年。昨年に続きリアル開催の難しい状況下で、浜松クラフトビールフェスはまた新たな展開を計画しました。

その模様は下記URLでご確認ください。10月下旬には引き続き本年度のレポートもお届けする予定です。

 

リンク:
浜松クラフトビールフェス・スピンアウト企画【浜松クラフトビールアドベンチャー】
https://craftbeer-adventure.net/

ソラモ浜松クラフトビールアドベンチャー浜松クラフトビールフェス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

ジャンク板村

ビアジャーナリスト

静岡県在住、広末・松坂世代の髭眼鏡ビアライター。

海外を旅して飲んだビールは数知れず。
アウトドアやフェスで飲む太陽の下でのビールが何よりの好物。
舌は大雑把だが、味以外の魅力を伝える記事と写真で
美味しくビールを傾ける。

好きなビール映画は「ショーシャンクの空に」
好きなビールソングは「夜の盗賊団/ブルーハーツ」

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。