[イベント]2011.9.28

ベルギー 無政府状態終結へ

ベルギーベルギービール

以前にも書きましたが、ベルギーでは昨年6月の総選挙以降も各政党による連立交渉が難航しており、正式な政府が無い状態が続いています。→詳しくはこちら

9月中旬頃になって、暫定首相のイヴ・ルテルム氏が経済協力開発機構(OECD)事務次長への転出のため、年内いっぱいで辞任する意向との報道が。
国王も休暇を切り上げて急遽帰国するという事態になっていました。

それがついに、新政権が誕生するかも、という展開に。

ベルギー新政権樹立に向けた連立協議で、同国の主要8政党は24日、中央から地方への財源移譲など国家制度改革案の柱で基本合意に達した。
最大の懸案の首都ブリュッセル近郊の選挙区割り問題に続く妥結で、1年3カ月余にわたり政治空白が続いてきた同国で連立合意が実現し、新政権が誕生する公算が大きくなった。(時事通信)

いくらなんでも1年3カ月は長すぎですよね。
このままうまくいけば年内についに新政権が誕生するかもしれません。

ベルギービールが、フランデレンビールとワロンビールにならなくてほっと安心です。(^.^)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。