[イベント]2011.11.21

イタリアン・クラフトビール「ビッラ・デル・ボルゴ」

 11/16(水)午後、六本木「ホブゴブリン」でイタリアンクラフトビール「ビッラ・デル・ボルゴ」の試飲会がおこなわれた。
 8種類のビールを飲んだのだが、その感想は「素晴らしい」の一言に尽きる。

 そして非常に驚いた。それは、やや手前味噌になるが、私が今年の7月にアウグスビール常陸野ネストビールとのコラボで醸造したバーレイ&ウィートワインと非常に近しい内容のものがあったからだ。
 バーレイ&ウィートワインはスパイシーな白と酸味のある赤を造ったが、「ビッラ・デル・ボルゴ」にもそれと似たキャラクターのものがあった。
 また、750mlのボトルに詰めるということや、ワイングラスで飲むというプレゼンテーションも同じだった。相通ずるものがあり、とても嬉しかった。

 イタリアのクラフトビールの歴史は、ほんの10年ほどと聞いているが、この間の成長は著しいものがある。あっと言う間に頭のうえを飛び越えて行ったという感じがする。
 自由な発想が生むビールは、イタリアが”ルネッサンスの国”であることを思い出させるに充分な作品であった。

 加えて、このようなビール達は今までの価値観でとらえるべきではないとも感じた。
 特に価格に関してだが、他のビールに比べてやや高価であることを、拒絶の材料にしてはいけない。むしろ、「あたりまえだ」と受けとめるべきである。
 これは、ビッラ・デル・ボルゴに限らず、すべてのクラフトビールに言えることでもある。クラフトビールを「高い」と言ってしまえば、それまでである。クラフト家具と量販店の家具を比べ、「高い」と言っているようなものだ。
 多くのバー・オーナーや飲食店関係者はお客から「このビール、高いなぁ」と言われたら「たしかに一般的なビールに比べると高いです。でも、高いワインや高いスコッチ・ウイスキーがあるように高いビールもあるんですよ。これは職人が手間暇かけて醸したクラフト・ビールですからこの値段なんです」とトーク・バックして欲しい。もちろん、無駄に価格をつり上げるものは論外であるが、工芸作品がある程度の価格になっていても納得するべきである。そうでないと職人は育たない。
 やはり、職人や匠が育ち、芸術家がリスペクトされ、ルネッサンスが生まれた国の血は違うなぁと感じたビールであった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。