[イベント]2017.9.8

ブリュセレンシスビアフェスティバルを満喫しよう

エバーブルーデリリウムデリリウムカフェブリュセレンシスビアフェスティバルベルギービール品川

みなさん、楽しく飲んでますか?
現在、品川シーズンテラスではブリュセレンシスビアフェスティバルが開催されています。ベルギービールをまだ飲んだことがない方、これを機にベルギービールデビューしてみませんか。

まず、会場に入る前に水を調達しましょう。品川駅から会場までにコンビニもありますが、私のお勧めは前の日に1リットルのボトルを購入、6割ぐらいに中の水を減らし、飲み口にぎりぎり水がかからないぐらい斜めにして冷凍します。出発前、冷凍庫から取り出して飲み口のところまで水を足します。(斜めになるようにして凍らせることで水と氷の接地面が大きくなります。これでしばらく冷たい水が飲めます)

次にシーズンテラスの中のレストラン、ブッチャーNYCでエバーブルーカードを作りましょう。ポイントが付くので5,000円以上チャージすることがおすすめです。もちろん、すでに持っている方はちゃんと提示できるように持参しましょう。

前売りチケットをお持ちの方は意気揚々とビールのブースへ向かいます。もし、チケットがまだであれば入口でチケットを買いましょう。2枚1,200円、4枚2,200円の2種類があります。その後にすることは目視でテントを確認することです。手前から順にA-Fとテントにアルファベットが割り振られています。そのテントの中で1-2と細分化されていますが、基本的に同じテント内であれば誘導してもらえます。

左側はフード、右側がビールです。ケバブなどベルギーとは少し離れた地域の料理もあります。石窯のついているキッチンカーなどもありますので、酔う前に食べ物のチェックをしてくださいね。飲むのはそれからです。はやる気持ちを落ち着かせるためにまずはB2のセリスホワイトを飲みましょう。苦めが好きだったり真夏日だったりした場合はA1にてタラス・ブルバという選択肢もアリです。

2杯目はさっき作ったエバーブルーカードをB1で提示し、ヴィエイユ・プロヴィジョンを。これはキュベ・デ・ランケとクリーク・デ・ランケという柔らかな酸味のランビックをブレンドしたものをオーク樽で熟成させて作った手の込んだ逸品なので酔っぱらう前に味わいを堪能しましょう。

テンションが上がったらそのまま同じブースでまたバック・トゥ・ブラックというエバーブルーカードを提示しないと飲めないものを3杯目にチョイスしましょう。もともとは苦くて黒いというビールを9ヶ月樽で熟成させたら酸っぱくて苦いビールが出来ました、しかもアルコール度数が9.5%になっちゃっています、という味わいです。

さて、ここからどう進むかはご自身のアルコールに対する耐性と嗜好の組み合わせということになります。ビールじゃ酔わないよ、という方はメジャーな割に供給量が少ないデリリウム・レッド(C2)、スパ-クリングワイン酵母を使って再発酵させたビザート・ランビック(E1)を飲みましょう。

そのあとはC1に戻り、グーデン・ドラーク・ブリューマスターズ・エディションの樽、ボトルの順番で飲みます。年に一度の特別醸造されたものですがナッツやキャラメルのような風味があり、その豊かなボディは確実にあなたを虜にしてくれるでしょう。でも、どうして同じビールを飲まなければならないか?をご説明しないといけませんね。ベルギービールあるあるとでも言いましょうか。

同じビールなのに樽とボトルで味わいがかなり違うのです。こんなにも違うなんて、とベルギービールの虜になってしまえばいいと思います。ええ、一度はまったら抜け出すことが難しいのがベルギービールの魅力なのです。

さて、前売り券でグラスと引き換えタイプの方はこの感動に浸りながら帰宅するか、入口に戻って追加のチケットを買いましょう。プラカップを選択された方はあと1杯、E2でクリスマスイヴ・アト・ア・NYCホテルルームというインペリアルスタウトで気持ちよくなりましょう。

本当はF1ヴィルドゥ・リゥー・ブロンドというアルマニャックとバーボンの樽で熟成されたフランスビールもおすすめしたいのですが、残念なことにチケットが2枚必要なのです。ああそうか、残念、と思いながらチケットを追加購入するかどうかはあなた次第です。

ただ、この飲み方はそれなりに酔うので土日祝日に11:00からブルーシートを買って飲み始め、適度にごろりと昼寝もしちゃうのが一番気持ちいいのではないかと思います。

また、ここにご紹介した他にもミッケラーと酸っぱいビールの出逢いが生んだリンデマンス・スポンタン・バジルや食後のコーヒーのような感覚で飲める(あくまでも味わいがコーヒーのような、というだけでアルコール度数は11%)キャスティール・バリスタもおすすめです。ちなみに一番アルコール度数が高いのはスティル・ナハト(デ・ドレ醸造所)とリキッド・ダブル・ファッジ(イーブルツイン)でともに12%、低いのはピーチ味でおなじみのリンデマンス・ペシェリーゼ(リンデマンス醸造所)の2.5%と多岐にわたっています。

お気に入りの一杯が見つかりますように!

■ブリュセレンシスビアフェスティバル
場所:品川シーズンテラス(東京都港区港南1-2-70)
期間:2017/9/4-18
公式サイトはこちらから
※チケットは使い切らなくても10月末まではエバーブルー株式会社の系列店にてビール代として使用可能です。無理せず楽しく飲みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

川端 ジェーン

この記事を書いたひと

川端 ジェーン

ビアジャーナリスト

ベルギービールをこよなく愛しています。笑顔でビールを酌み交わせば世界平和は実現すると考えています。ビールが好きすぎてたまに他人と知人の境目がなくなってしまいます。ビールの美味しいお店で見ず知らずの人に話しかけていたら、それは私かもしれません。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。