[イベント]2010.9.30

良いビールは良い環境から

アメリカンビールは何でも有りだ。
なんで何でも有りなのか?
まあ、考えても答えが出るような事でもないんだが。
実際何でも有りなビールの世界になったのもココ最近。
一部のブルワー、ホームブルワーの間ではやってたかも知れないが
コーマーシャルベースで流通するように『何でも有り』になったのは
やっぱりココ最近。

インターネットが最大の原因なのは誰もが認めてる事実。
いままで小さい田舎町で生産、消費されてきた『もの凄い旨いビール』
が、ネットで『俺の町にこんなのあるんだぜ!』発言を書き込めば
次の日にはそこに飲みに行くビールファンが出現する。
そこからはもう止めようがない。
噂が噂を呼び、ハイプ(誇張)が生まれ、書き方によっては
『このビールはこの世の天国!』とまで書くと、もう一人歩き。
まあ、不味いと余計ひどい書かれ方もあるのがネット社会。
怖い世の中である。でも色んなスタイルが生まれるのを助けてきたのも事実。

俺が思うに、アメリカのブルワーの環境じゃないの?
良いビール作ってるヤツらってなんか良い環境にいるんだよね。
醸造所まで自転車で通勤して、毎日青空で、ヤシの木眺めて・・
まあ、決してみんながみんなこんな良い環境じゃないけど。
寒い、暗い、砂だらけ、な所でビール作ってる人もいるしね。

能天気な環境の方が自由なスタイルが生まれると思うんだよね。
No Limit, No Rule
でいいんじゃない、ビールは。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。